※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2010-11-27

【現代芸能】2010年少し早い女芸人まとめ0508--≪よしもと≫「稲垣早希」の【コア層】心理から写真集なら? 2010_11_27_[SAT]



2010_11_27_[SAT]



【2010年少し早い女芸人まとめ】



-----------------------

-->コレまでの「現代芸人」関連エントリー

-----------------------

---見出し---

【2010年少し早い女芸人まとめ】
【01】≪マセキ≫「いとうあさこ」トレンド爆上げ編
【02】≪サンミュ≫「鳥居みゆき」コアが縮小を始めた編
【03】≪太田プロ≫「おかもとまり」硬いコア形成できず編
【04】≪ナベプロ≫「イモトアヤコ」トレンド下降とチャンス編
【05】≪よしもと≫「稲垣早希」二毛作へ舵を切り始める編

0.▼まず、参照データ値
  1. ▼2010年、ヨシモト「女タレ」と稲垣早希?
  2. ▼『投資』アイテムの写真集を発売?
  3. ▼NET時代はピックアップからフォロー型?
  4. ▼稲垣早希と某人気声優のMG失敗?
  5. ▼稲垣早希の【コア層】崩壊パターン?
  6. ▼稲垣早希3つの強さで「男気スイッチ」押す?
  7. ▼ジャニーズ流【熱量】マネジメントに学ぼう?
  8. ▼【コア層】心理から稲垣早希の写真集なら?
  9. ▼2011年は二毛作へ舵を切り始める?


-----------------------




稲垣早希の【コア層】心理から写真集なら?

果たしてこのタイミングでの物販「アイテム」が写真集という選択が正しいのか? という、そもそも論は抜きにして

今回は、『仮説思考』という

上からの命令で今回のような『投資』に比重をおかないで【熱量】重視という指示の元、 「稲垣早希」さんの物販「アイテム」を【写真集】で出せ。という場合における考察を

【AKB】や【ジャニーズ】を参考に「コア層」心理を【ピックアップ】する形式でのサンプルフレームを立てていきます。

まず前回に抽出した「コア層」が「稲垣早希」さんを好きな3つの大きな理由
  1. 【素朴さ】賢くは無いけども一生懸命
  2. 【素直さ】オッチョコチョイだけど滲み出る
  3. 【清潔さ】都会的なセンスでなく好感度の高い
という強さを考慮しながらなら「コア層」視点のこうであってほしいと言うイメージを優先する
  1. 【コンセプト】-->日常の中にある笑顔を普通撮り、飾らない27歳の女性像。

  2. 【映像】-->全体は清潔感を保ちながら透明感や爽やかな空気感を出す。≪ホワイトバランス高め

  3. 【撮影場所】-->「稲垣早希」さんが実際によく行きそうな場所 ≪漫画が置いてある「本屋」さんや「カフェ」、室内セットは「実家」や「ワンルーム」など。 もちろんストーキングの危険性があるからリアルではなく行きそうな場所

  4. 【服装】-->借りてきた猫状態でなく等身大「稲垣早希」さんの「コア層」に真実性を見せる ≪「稲垣早希」さんのジャージを含めた私服がメインで、部分的に仕事着としてのアスカのコスプレやプラグスーツ、次の演技での展開を予想させるようなオシャレなスーツ等

  5. 【ポーズ】-->あらたまって作ったようなショットでなく、オフショット気味のポーズで「コア層」に除き見的な視点で一体感を提供。 ≪「本屋」さんで参考者を読む小学生の横でメガネをかけて漫画を真剣に読む「稲垣早希」さんの横顔とか、 「カフェ」で気を許した友人や母親と談笑する「稲垣早希」さんとか、実家の犬とおどけながら戯れる「稲垣早希」さん、 アスカのコスプレを着替える前にカツラの髪の毛に櫛を当てる「稲垣早希」さん等々

  6. 【カット】-->ベタな萌え系カットも「コア層」心理を【ピックアップ】するなら重要。 ≪肌の露出は少ないが仄かにセクシーなパレオで水辺。白いフード付きのコートを来て寒そうな街中。パラソルを持って桜などが咲く並木道。等々

を叩き台に『稲垣早希』さんを含むMGや作家等スタッフ総出で【熱量】を上げることを主眼として写真集の中身を揉んでいき「アイテム」を作り、

それが終わると『稲垣早希』さんを抜いたMGを中心とする大人たちの仕事に移り、パッケージから販売戦術会議。

ここへ【AKB商法】と同じく「コア層」の深層心理を【フォロー】する形式で写真集「アイテム」に対して、荒い数字を含めた様々な儲けフレームを当てていきます
  1. 【複数生写真】-->複数の種類がある生写真特典。 ≪ベタだけども確実に購買させるアイテム

  2. 【握手券】-->イベントでの握手券。 ≪ベタだけども確実に購買させるアイテム。

  3. 【オリジナル待ち受け】-->複数の種類がある待ち受け特典。 ≪ベタだけども確実に購買させるアイテム。封入されている番号を入れる仕組み

  4. 【ベストショット投票】-->写真集の中にある応募ハガキで写真集のベストショットと、その理由を投票させて抽選で5名にそのショットの生写真をプレゼント。 発表は「マンスリーよしもと」 ≪ベタだけども確実に購買させるアイテム。封入されているハガキで応募させる仕組み。アンケートを取れるので「コア層」の心理をピックアップできる資料にもなる。

  5. 【抱き合わせ】-->写真集の中で着ていた4000エン程度の稲垣早希さんがデザインしたトレーナーや、 写真集の中でも付けてる1000円程度の稲垣早希さんが念を込めたオリジナルミサンガとか、3000エンぐらいまでの小物等をネットショップで限定販売。 ≪衣服や小物が「よしもと」ネットショップで買える。写真集の中で着ている使っているということが一体感を生みお金を使わせるトリガー

  6. 【謎とき連動】-->写真集の中で左を向いて驚いているカットを載せておいて、 「マンスリーよしもと」で、その写真集の撮影時に驚いていた左の部分の写真を謎ときの解答編的に載せて買わせる。等の昔からある「連動」という手法 ≪モナリザの微笑みは、サーカスをみていた。というナゾ解きぽいヤリ方で「マンスリーよしもと」の「稲垣早希」さんのページと繋がるようにしておく

  7. 【コンプリート】-->写真集と連動して限定販売している衣服や小物の10種類ぐらいになるオリジナルアイテム全部を買うと本人が直筆のオリジナルカードが貰える。 ≪コンプリートは「よしもと」ネットショップで5〜8万エンとかになる。

作家等スタッフ会議でのフレーム基本は『広く浅くで全体で額を上げていく事』効率の良い当たりパターンを狙う。

このように物販は【AKB商法】フレームをこする感じで「コア層」心理を【ピックアップ】し 最初の導入部をスムーズに構成していき、 【フォロー】する形式から儲けの仕組みを挟み込んでいきます。

ファンじゃないヒトから見ると、マネジメント側イカツイなぁ。と思うでしょうが 【AKB商法】と同じく最初に「コア層」心理を【ピックアップ】した「アイテム」を提供する事でマインドが一度開いて【YES】になると

「まぁ、オレ等の望む事をよくわかってくれているから、全部は無理だけど写真集のついでに早希ちゃんが着てた限定オリジナルトレーナー1枚ぐらいは記念だし買ってみるか」

と、パターン的には「コア層」ならサイドメニューも気持ちよく買ってくれる確率が高くなります。 ≪ただ「稲垣早希」さんの場合は、AKBと違って人員の替えが効かないのでAKB商法のように煽りすぎず、長く応援してもらえるように一人当りの購買予想額は低めに設定しないと逆効果パターンになるハズ

最初の「アイテム」でマインドを【YES】にする事が重要。 と、マネジメト界隈本にもよく書かれていますが

【AKB】や【ジャニーズ】のファンの方を観察していると、それが机上論でなく真実なのだと理解できます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━