※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2010-09-30

【現代芸能】2010年少し早い女芸人まとめ030--≪太田プロ≫「おかもとまり」硬いコア形成できず? 2010_09_30_[THU]



2010_09_30_[THU]



【2010年少し早い女芸人まとめ】



ネットと電波媒体がクロスしてくる今日。



【現代芸能】を現象から見える『売れアルゴリズム』と『提供サイド側の思惑』を適当に考察する

【現代芸能】における人気者の条件であるTVなどを中心とする「マス媒体」へ、 アタックが可能な中堅から大手芸能事務所所属という女芸人さん達。

今回は、大手メジャー所属の女芸人への定期観測エントリーとして、 芸評でなくネットを中心とした個別リーチのデータから見える動向を、提供サイド側の戦術レベルを絡めて少し違う切り口で適当に考察していく。

リアルな現実として フリーや個人事務所規模では、お茶の間への一般化までホボ届かず、残念ながら「マス媒体」へのスタートラインに並べないので今回のようなトレンド考察では存在しない者としてカウントをしません。


-----------------------

-->コレまでの「現代芸人」関連エントリー

-----------------------

---見出し---

【2010年少し早い女芸人まとめ】
【01】≪マセキ≫「いとうあさこ」トレンド爆上げ編
【02】≪サンミュ≫「鳥居みゆき」コアが縮小を始めた編
【03】≪太田プロ≫「おかもとまり」硬いコア形成できず編
  1. ▼まず、参照データ値
  2. ▼2010年「投資モード」継続中
  3. ▼狙いはタレント系の女芸人枠?
  4. ▼硬いコアができない?
  5. ▼キャッチは広末涼子に集中化?
【04】≪ナベプロ≫「イモトアヤコ」トレンド下降局面へ編
【05】≪よしもと≫「稲垣早希」二毛作へ舵を切り始める編


-----------------------




まず、参照データ値

日本の【現代芸能】における各大手プロダクション知名度の高いTOP女芸人さんの欲求度を表す トレンド値で比較すると こうなります。トレンド比は、稲垣早希 さんを1.00とした場合。

ボリューム値は、Googleの『Insights for Search』で比較調査します。≪データは正規化された後、0~100 のレベルで表されています。

もちろん、トレンドやインサイト検索はリーチがどれだけあるかというアルゴリズムを検索数値等を使って出すわけで人気と直接結びつくわけではありませんし、 購買力の数値でもなく、評価指数を完全に現しているわけでもないですが≪マイナスイメージでも取り上げられれば数値があがるから≫、

少なくとも 恣意的に数値を弄られても確認しようがない書籍等の【女芸人】トレンドランキングなどよりは信頼できる指標であるとは思います。

直近30日トレンド比
  1. 1.00≪よしもと≫稲垣早希
  2. 0.90≪マセキ≫いとうあさこ
  3. 0.50≪太田プロ≫おかもとまり
  4. 0.20≪サンミュ≫鳥居みゆき
  5. 0.10≪ナベプロ≫イモトアヤコ
直近30日のインサイト量



直近90日のインサイト量


2010年のトレンド比≪10ヶ月ほど≫
  1. 1.00≪よしもと≫稲垣早希
  2. 0.64≪太田プロ≫おかもとまり
  3. 0.52≪サンミュ≫鳥居みゆき
  4. 0.48≪マセキ≫いとうあさこ
  5. 0.14≪ナベプロ≫イモトアヤコ
直近10ヶ月のインサイト量



直近12ヶ月トレンド比
  1. 1.00≪よしもと≫稲垣早希
  2. 0.85≪太田プロ≫おかもとまり
  3. 0.55≪サンミュ≫鳥居みゆき
  4. 0.45≪マセキ≫いとうあさこ
  5. 0.20≪ナベプロ≫イモトアヤコ
直近12ヶ月のインサイト量



そして、
2009年のトレンド比
  1. 1.40≪サンミュ≫鳥居みゆき
  2. 1.00≪よしもと≫稲垣早希
    1.00≪ナベプロ≫イモトアヤコ
  3. 0.70≪太田プロ≫おかもとまり
  4. 0.50≪マセキ≫いとうあさこ
2009年のインサイト量



2年前、
2008年のトレンド比
  1. 26.00≪サンミュ≫鳥居みゆき
  2. 01.00≪よしもと≫稲垣早希
    01.00≪ナベプロ≫イモトアヤコ
  3. 00.00≪太田プロ≫おかもとまり
    00.00≪マセキ≫いとうあさこ
2008年のインサイト量





インサイト量に関しては、「総合」と「エンタメ」カテゴリーによって補正値を出しています。≪詳しくは検索のHELPで≫

≪「エンタメ」はニュースとメディアでの数値や商品等を抜いた数値。 おそらく稲垣早希さんの場合はブログ旅の放送局絡みからが大きいので、 正確なアルゴリズムはわかりませんがドメインでMBSはメディアに分類していると予測して。≫



2010年「投資モード」継続中

錚々たる売れっ子を抱える「太田プロ」が押しの女芸人 「おかもとまり」さん。

この「おかもとまり」さんのマネジメント側戦略も興味を持って観察している途中ですが、なかなかオモロなので コノ後、どういう戦術を取ってくるのか

2011年は考察していきたいと思います。



もちろん刈り取りができる実がまだ成っていませんからマネジメント側は、現在、投資モードでバータを含めた 露出度を高めてスパークさせ【TV演芸】での【お試しモード】へ移行すべく仕込みを行なっています。

上のデータを見ればわかると思いますが、 さすが「太田プロ」というのか、モノもヒトも動いているためにNEWSソースにかなり突っ込んできていて 検索値のボリュームが普通の新人芸人さんとは比較できないほどでかくなっています。

戦略的には「ビジュアル先行」させて露出拡大で認知度を上げていく方針のようで、写真集やDVDを発売してMG側は投資をしています。

狙いはタレント系の女芸人枠?

基本的にこのシリーズは個別の芸評に関しては触れませんが、 どう見てもMG側も「おかもとまり」さん本人もヨシモトの「森三中」さんとか「ハリセンボン」さんのような

ネタもするし笑いの為なら乳もケツも出して取るという 男の芸人と同じ土俵でも枠を競う足腰の強い、いわゆる『ヨシモト型女芸人』で無い事はあきらかで

かといって、『鳥居みゆき』さんのように養成所出たあとに日の当たらないライブで地下に潜伏8年、ひたすら世に出るネタを書き続ける。 それもR-1で2年連続クイーンというような芸人さんとネタのレベルを比較するのも変な話で、

失礼な話になるかも知れないですがネタのクオリティとか、同じ土俵で追いつけるとは思えず。 また、そういう方向性で行ったら確実に「おかもとまり」さん折れちゃうと思います。

ようするにハッキリさせておきたいのは、「おかもとまり」さんが狙っているのは≪特にMG側は≪松竹≫オセロさんが持っていたタレント系の女芸人枠なわけです。

少しおしゃれな女性向けの『グターンヌーボ』などの司会もしながら『笑う犬』などのコントもこなす、 少し綺麗でオモロなお姉さんという枠は【TV演芸】に「オカマ枠」ぐらいずーーと存在していて ≪松竹≫オセロさん以降は、YOUさんなどもこのラインに入ってきますが、第一線の方がお年をめしてきて今後、この枠は狙い目オイシイわけです。



そう、後々で比較対象になるのは、

同じ枠を関西ローカルから狙う ≪よしもと≫「稲垣早希」さんになるわけで、

現在は芸人としてキャリアや実績も「稲垣早希」さん ≪R-1は準決だし、実際に芸としてのクオリティは素人目からみてもおかもとさんと比較したら稲垣さんの方が高いし、よしもと芸人に揉まれているから成長速度も早い。 数年前のネタやトークを比べたら反応スピードなどすごく成長しているのがわかる。≫があるわけですが

おそらくヨシモトのパターンから考察すると【ダウンタウン】さんではないですが関西ローカルで「司会」や「女優」等をある程度経験させて、 ≪よしもとMG部は既に女タレ養成所番組の司会や、舞台での主役など本格攻略に向けて着実にステップを踏ませている≫ 戦える戦力にした数年後に、「稲垣早希」さんを本格的上京させて

「タレント系の女芸人枠」攻略を開始し、そこから「刈り取りモード」というワンテンポ遅れてくるソノ猶予期間にどれだけ「おかもとまり」さんが成長できるかがオモロなのかなぁ。と。

硬いコアができない?

フォロワーやトレンドや評判検索でデーターを見ていくと、どうやら硬いコアの形成には至っていないようです。

「おかもとまり」さんを支持している年齢層もあるのかわかりませんが、観察しているとファンが全体的にふわふわ軽く、「おかもとまり」さんのモノマネ芸やパーソナルには、

【鳥居みゆき】さんや【稲垣早希】さんのフォロワーに見られる硬いコア層が出来る時に必要な【絶対性】がファンがまだ見いだせない事が理由として大きい ≪替えが無いと思わせる要因≫と推察されます。

ただ、まだ言っても二十歳そこらでキャリアが数年経ったか経っていないだから、これからなワケで、この部分をマネジメント側と相談しながら修正していくのでしょうが、

所属も大手で押しが入っているわけで、軌道修正しながらうまくマネジメントしていくと数年後には「刈り取りモード」に入るんだと推察できます。

キャッチは広末涼子に集中化?

おそらく早晩マネジメント側は「おかもとまり」さんの【モノマネ芸】をもっと【集中化】させていくと推察できます。

理由は、データ的に見ると「おかもとまり」さんが行なっている【モノマネ芸】のキャッチは雑多にチョイスしすぎていて 「おかもとまり」さんの一般のファン予備軍となる層を取りこぼしているからです。

つまり、こう言うこと。

【稲垣早希】さんと言えば? 

当然、エバの運転手なわけです。≪もちろん稲垣さんは別のモノマネもしますがあえてキャッチではこれしか使わない。 視聴者に稲垣さんイコール、アニメのパイロットという絶対的なイメージを植え付ける事に成功している

じゃ、「おかもとまり」さんは?

広末?鳥居?松野明美?

ライブでは良いのでょうが【TV演芸】ではキャッチで雑多に詰め込みすぎると、特に新人で視聴者にイメージの定着化ができていない場合はマイナスに働くようです。

モノマネの雑多感が彼女のキャパシティを超えている状態が視聴側に一種のシラケムードを作っている状態でココを修正してくるハズ。 ≪雑多に行なって良いモノマネ芸のレベルは同じ事務所の「松村邦洋」さんぐらいじゃないと何故か世間の目が厳しい

その場合は、もちろん【広末涼子】さんになるわけです。

何故か?

データを見ていると「おかもとまり」さんの得意な【鳥居みゆき】さんのモノマネは、 【鳥居みゆき】さんのファンの方に不人気だけでなくて≪個人的には一番好きだけど。≫ データ的に実は需要も無い。提供側とミスマッチを起こしている状態だ。

というのも「おかもとまり」さんの検索データーから顧客予備軍の需要はハッキリしていて
直近12ヶ月「おかもとまり」人気検索クエリ
  • 1. お
  • 2. かもとまり
  • 3. 広末
  • 4. おかもと
  • 5. グレーゾーン
  • 6. 宇都宮まき
  • 7. 広末似
  • 8. 広末涼子
  • 9. 広末芸人
  • 10. 芸人広末
直近12ヶ月「おかもとまり」注目検索クエリ
  • 1. おかもと (急激増加)
  • 2. からふる (急激増加)
  • 3. グレーゾーン (急激増加)
  • 4. 広末 (急激増加)
  • 5. 広末涼子 (急激増加)
  • 6. 広末芸人 (急激増加)
  • 7. 芸人広末 (急激増加)
  • 8. かもとまり (+70% )
これがリアルなデータであり、

つまり、データで検証すると「おかもとまり」さんに興味を持って検索してくれるコアファン予備軍が望んいるのは【広末涼子】さんであり、 一沢になるわけです。

まぁ、イメージ先行のタレント系芸人枠である「おかもとまり」さんのファンになるタイプは 「鳥居みゆき」さんのコアファンになるヒトとはホボ重ならないので、この検索結果は当然と言えば当然でもあります。

正直、自分も意外だったけど 結局、モノマネネタはアイドルが需要とか人気あるんだなぁ。と、

あと【友近】さん曰く「鳥居みゆき」さんや「松野明美」さんとか 「少しテンションがおかしい人のモノマネが上手いのかな」と言う寸評が、ひじょうにその【TV演芸】で雑多感のキャッチを行うことのマイナスを指摘しているコメントなわけです。

【TV演芸】のような3秒で印象を付けないといけない媒体ではイメージが定着しないデメリットもありますし、それ以外にも

【TV演芸】では色んなタイプの多くのヒトが見ているので、障害ぽくも見えるのと、 少し馬鹿にしている感じが出てしまう誤解されてしまいそうなこういったネタは特にコレから【TV演芸】を中心に売れていこうというなら避けたほうが無難なんだろうなぁと推察できます。

たまに、そういう風潮がTVが面白くなくなった原因という頓珍漢なブログを見かけますが、「ああっこの人はモノを平面的にしか見れない人なんだ」と告白しているわけでオモロです。構造的にはTVはスポンサーがイメージを高める目的等でCMの時間を買いその視聴を目的として番組を提供という媒体だから一般の視聴が無料なわけで、決して視聴者の為にあるのではないから仕方が無いわけです。よく抗弁として報道という公器や電波という公共性の側面から語られる事もありますが、特に幇間の延長のような【TV演芸】なんて、そもそも無理筋ですし。みたくなければ消せばいいし、そういう自分が描いた芸を見たいならゼニを投資してライブを主催すればいいわけです。というのが恐らく正論というヤツで。オイちゃん的には金銭を含めたリスクは取らないのにTVの画面の前で鼻くそを穿りながら「最近の風潮がウンタラかんたら」という娯楽をTVは提供しているんだなぁ、と思ってますが。

ただ、パターンとしてライブでは「おかもとまり」さんような可愛い子がやると逆にウケると思うのですが。
直近12ヶ月「おかもとまり」地方人気度
1.  大分   100
2.  山口   98
3.  山形   94
4.  鹿児島   88
5.  岩手   83
6.  石川   78
7.  愛媛   75
8.  群馬   73
9.  滋賀   72
10.  岡山   72
出身地の群馬が73ポイントなのはわかるけども、案外、九州とか東北とかにも伸びているなぁ。とか

直近12ヶ月「おかもとまり」市区郡人気度
1.  品川区   100
2.  船橋市   97
3.  広島市   95
4.  人吉市   93
5.  千葉市   91
6.  静岡市   89
7.  福岡市   86
8.  神奈川区  83
9.  新宿区   78
10.  札幌市   73
ボリュームで見ると、関東中心に

次に、近々で「おかもとまり」さんに付いて興味があるヒトのセカンドワードを覗いてみると



大学名やTwitterを調べてみようとしているのがわかります。 「うなぎ」というのは出演していたアイドルリーグという番組でのイワユルお色気系の動画に繋がっていく。ソレ関係はやっぱり強い。わかりやすいです。

おそらく2011年は、
  1. 【記号化の定着】-->【TV演芸】で行うキャッチは【広末涼子】さんや【アイドル系】プラスα関連ネタに集中化し、クオリティを上げてくるのはないか。

  2. 【ネタチョイスの統一感】-->【TV演芸】で行う新しいモノマネのチョイスも「AKBの誰々とか」『アイドル』や『女優』とかメインを 「おかもとまり」さんのファン層に需要がありそうな人達にシフトしてくのではないか。
と予想ギャンブル。

細かい考察は長くなるので2011年以降の次回エントリー。



━━━━━━━━━━━━━━━━━