※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2009-08-31

NetWalkerとかMID SmartQ5。 2009_08_31_[MON]



2009_08_31_[MON]

2009年08月27日。ついにペケロク、リナザウと続く一般ウケしないであろうシャープらしい 新しいモバイル端末「モバイルインターネットツール NetWalker」が発表されました。

9月下旬発売との事。 オイチャンは購入予定。

もちろん、初期ロットは避けて。


-----------------------




モバイルインターネットツール “NetWalker(ネットウォーカー)”を発売





シャープは、パソコンに迫る高機能を備えながら、携帯電話のような手軽さで使える、新しいモバイルインターネットツール<PC-Z1>を発売します。本機は「NetWalker (ネットウォーカー)」という愛称で、クラウドコンピューティング時代に向けた新しいカテゴリーの機器としてデビューいたします。

携帯電話のようにクイック起動(約3秒)※2で、移動中のメールチェックなどが気軽に行えます。また、安心の長時間駆動(約10時間)※3で、動画やブログなどのネットサービス※4も存分に楽しむことができます。ディスプレイには、タッチパネル付5型高精細液晶を搭載し、直感的に操作ができるほか、フルキーボードも搭載しているので、文字入力が快適に行えます。ビジネスシーンでも、文書や表計算、プレゼンテーション資料の作成や編集※5が可能です。

さらに、語学や専門分野向けの辞書や、文庫・コミックなど豊富なコンテンツの提供も予定しており、電子辞書や電子ブックとしてもお使いいただけます。

携帯電話、パソコンに次ぐ第3のモバイルツールとして「NetWalker(ネットウォーカー)」を位置づけ、新たなモバイル機器市場を開拓してまいります。

シャープ> ニュースリリース : 2009年8月27日≫


おおっ。ついにリナザウ後継か?

さすがシャープ。韓国や中国が作ってきそうな隙間に尖った機種を突っ込んでくるのだ。
仕様的にはちょっと中途な感じがせんでもないけど。

シャープの偉いところは、こういったヤツを毎回毎回、本当に一般ウケすると思って投入してくる勇気なんや。


-----------------------

とりあえずは、Android搭載の『MID SmartQ5』を弄ってから NetWalkerの値段がこなれてきて購買かな。

CrunchPad。あるし、なかなかムズイのだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-08-25

【鳥居みゆき】と【ウメ】の違い2点から「売れる」の考察。 2009_08_25_[TUE]



2009_08_25_[TUE]



【通常型ウメ研究所--サブ・テキスト】

奇才芸人の定点観測という事で、 ネットで【ウメ】さん観測。

今回は【ウメ】さんが、ブログの中でオイチャンも好きな【北野たけし】師匠の『浅草キッド』のワンフレーズを口ずさんでいました。

懐かしいなぁ。


---見出し---
  1. ◆「お笑い芸人」というジャンルは恵まれている。
  2. ◆絵描きの最後。
  3. ◆ツブシ。
  4. ◆恵まれている2人なのに。
  5. ◆二人の違いその(01)【スタッフ力】
  6. ◆二人の【スタッフ力】検証
  7. ◆二人の違いその(02)【覚悟力】
  8. ◆浅草キッド


-----------------------



灰の中には…。



もし、この仕事を辞めたら私は、どうなるんだろう… でも、遅かれ、早かれ、いつかは潮時は来る…

働いて、生活はして行くんだろうけど…

今、以上に、生きている実感は、得られるんだろうか…そう考えたら怖い。

完全燃焼したら、その灰の中から、違う何かが生まれてくる、そんな気がする。 今は、まだ炭の状態。 燃えてないように見えて中は真っ赤だ。 炭が灰になったらその中から…。

もしかしたら、いくら探しても灰しか無いかもしれない。

でも、今は、そう信じたい。 完全燃焼するまでは…。

「夢を捨てたと言わないで他にあてなき2人なのに」

ウメ日和 : ウメ : 2009年08月24日 00時04分21秒≫


「お笑い芸人」というジャンルは恵まれている。

実は、アーティストの中でも現代の「お笑い芸人」というジャンルは恵まれている。 ただ「ツブシ」がキカナイダケダ。

現代の「お笑い芸人」が生きる世界よりも、他の分野は実はもっともっと悲惨だ。

まず、現代の「お笑い芸人」は【イニシャルコスト】が画家や建築家に比べて圧倒的に低い。

【絵描き】は美大に行く前に、受験対策でデッサンの学校に通うところから始まり金を ジャブジャブ投下するのに 大抵は【絵描き】で食っていけない。というコントみたいな世界だ。

【設計屋】は、建築科に入って授業に使うAutoCADやVectorWorksのアホみたいな値段のソフトを買わされて ≪学生用の使用期限付きも高い≫ディプロマに辿り付くまでアホみたいに発泡スチロールを買い切りまくる。

そして、「建築科」から他称「建築家」となれるのはよほどのコネか学歴がなければ無理で、資格を取っても殆どは 自称「建築家」という街の設計士か若くて運がよければ「ハウスメーカー」の社内「建築士」で規格品をひきつづける。 リアルは厳しいのだ。

また、継続にも多くの資本が必要な前述のジャンルに比べ「お笑い芸人」の場合は、 大抵カラダヒトツあれば成立するわけだから 【ランニグコスト】さえも殆ど掛からない。

それに、ネット媒体が発達してきた昨今にいたっては【興行】≪ライブ≫の広告も安価に行え、 二足の草鞋も履きやすく、 R-1にM-1など一発逆転の賞レースも確立している。

【北野たけし】師匠の『浅草キッド』の時代とは違い、

昨今、なんだか手が届きそうで止めるキッカケを失う罪作りなキッカケだけは溢れかえっている。



-----------------------

絵描きの最後。



一方、【絵描き】はマジこの時代も悲惨だ。 殆どそれがどれほど悲惨か語られることもないぐらい悲惨だ。

キッカケの場も少なく、かといって画壇への道はヨリ険しい。

両親、親戚、愛人、名前は何でもいいがとにかくパトロンを用意できない【絵描き】は画布さえ用意できないから バイトをする。

そして絵の具1色か昼飯1食を等価交換しながら生きている。

日の当たらぬ日常に不安やアラユル空腹感タチと共存しながら。

アノ筆洗油の酸化した 匂いがクロスやカーテンに染み付き充満した室内。 オイチャンが知ってる芸術家にもまだなれない【絵描き】達の日常。

「独自世界」を作り出すために崩してみたり歪めてみたり試行錯誤の末にやりすぎで変な癖がつき 基本のデッサン力が狂ってくるというコントみたいな現象が起こる。

そして、ほぼ全滅していく。

それが嘘みたいな小説よりリアル。



-----------------------

ツブシ。



そして【絵描き】達しかしらない、もっとリアルな話をすると女の【絵描き】は結婚という技で、夫と言う名のパトロンを得て 【絵画教室】の講師という次の道へ多くがトラバーユ。

男の【絵描き】は大半は日曜画家へとチェインジするが一部の諦められない売れない画家は 【絵画教室】の生徒さん達に個展の手伝いや「お買い得価格」という言葉を使って小さな作品を 買ってもらって食いつなぐ。

「お笑い芸人」は、リアルな知人がいないので詳しくは分からないが【お笑い教室】が在るわけでもなし。

この点は、他の分野と違いリアル「浅草キッド」

「お笑い芸人」の敗戦は キャリアを引き継ぐ事無く「ツブシ」が効かない遅い新人としてフルタイム就職。

リアル「他にあてなき、他に道なき」



-----------------------

恵まれている2人なのに。



【ウメ】さんのように才能がある商売ベタな『ネジ屋』は、どんな業界にも存在している。

彼らの彼女達の パターンを考察していると、ある日、突然何かのキッカケでその才能が一気に「スパーク」する事がある。

それは、【鳥居みゆき】さんのように「スパーク」はネットの小さな小さな番組かもしれないが 【鳥居みゆき】さんは、一時的なブームでなく【硬いコアなファン】をガッチリ掴み、物販の数字や動員数で証明を し続けている。

それは何故か?

それは、彼女しかもっていない世界があるからだ。

【硬いコアなファン】にとって 【鳥居みゆき】さんが唯一絶対で替えが効かない。

【鳥居みゆき】さんのような今まで無かった分野を自ら作り出した「独自世界」というのは殆どの芸人さんはもちえない。おそらく、 それを指して才能と言うのだろうと思う。

そしてもう一方の「人気者」になれていない【ウメ】という奇才芸人は【鳥居みゆき】に負けず劣らぬ彼女しか描けぬ世界観という才能を持った恵まれた素材だ。プレゼンベタで商売ベタだけども。

自分は芸人さんじゃないから分からないけど、おそらく「芸人」という職を行うものにとって 【鳥居みゆき】さんのような自らのパーソナリティから作り出す「独自世界」に多くのファンが 熱狂し支持しているサマは理想なのだろう。

DVDや書籍を出せば必ず、2万ほど一気に捌ける物販力にキャパ500程の単独ならチケットは数分で売切るコアなファンたちの存在。おそらく「ラーメンズ」のパターンができる唯一の女芸人。それが【鳥居みゆき】

そう【鳥居みゆき】と同世代でつい数年まで同じ小さなライブに出てた多くの同業ライバル達にとっては理想のカタチであり悔しさと共に羨望なはずだ。


特に自分は同業者でもなく【鳥居みゆき】さんや【ウメ】さんのコアなファンでもないから、 二人が持つアーティスティックな才能と言うのを贔屓目なしで考察できるので 同じ分野の同業者さんたちと比べて二人が抜けているのがヨクわかる。

一度目のチャンスを一発でガッチリ掴んだ【鳥居みゆき】さんと2007年のR-1決勝進出というキッカケを得ながら「スパーク」し損ねた【ウメ】さんとを考察すると

卓越した『独自世界』の構成という同じような恵まれた才能がある二人だけども決定的な『2点の違い』が出てきた。それを考察してみる。



-----------------------

二人の違いその(01)【スタッフ力】



(01)【鳥居みゆき】さんは、自分が本当にやりたい『1人コント』や『役者』等と言う自己表現を行える環境を 構築する為に【TV演芸】用のマサコを生み出した。

--> そこには事務所やスタッフをはじめ、彼女をサポートした様々なチカラが存在する。


当然、そこには事務所のサンミュージックのスタッフ、夕刊読売の記者のように彼女の才能を見出そうとしてくれる外部の人達、 元芸人の旦那を含め多くのアドバイザーが彼女の才能を開花させる過程で絡んでいるのは間違いない。

もちろん、その良いスタッフ達に恵まれ上手く共鳴しているのは【鳥居みゆき】の才能のヒトツだ。

そして、彼女をサポートする彼らの『スタッフ力』無しでは【鳥居みゆき】は今の【ウメ】さんと同じ高度な技術を持つ単なる 【ネジ屋】であり続けているハズだ。

ただ、これをもって【鳥居みゆき】のコントや表現活動を彼女のモノで無いとする論を たまにネットのブログなどでも見かけるのだが本当に笑ってしまう。

これを証明するのに【村上隆】氏の『Miss Ko2』は必要ない。 【安藤忠雄】氏はコンクリをシャベルで練らないし塗装や配線もしない。では彼は何か?

コンセプターであり最終決定者だ。

【小室哲哉】氏はサンプリングも作らないし 【ラファエロ】でさえ何から何までヒトリで行うわけではない。創作活動でそれを否定すのはこういう分野を知らない無知か、 芸術作品など現代に存在しないと言う廃頽論者だ。

それはどんな芸人も作家やスタッフと共に照明や音響を含めて練る。しかし工程から仕上げに至るまでの決定事項、細部の調整は やはり決定者であるアーティストが行うのであり、それは【鳥居みゆき】のコントにある統一された世界観が証明している。

もし、彼女が作品に対して若いアイドル歌手みたいな【スタッフ】の操り人形なら絶対にこのような統一感は生まれない。 これは彼女が自分の作品に対する決定権を持っている証拠だ。

「ごっつええ感じ」は【小松】さんや【高須】さんなどのブレーンやスタッフがいなければ成立はしなかっただろうが もちろん「ごっつ」は彼らの作品でない。

では彼らは?

彼らは最終決定権を持たない優秀な「スタッフ」である。



-----------------------

二人の【スタッフ力】検証



そして、いま振り返って考えてみると2007年のR-1決勝進出というキカッケを掴んだ【ウメ】さんが当時、決定的に欠如していたのは、商品である【ウメ】という素材をどうメディアに演出していくかという戦略を練る【スタッフ力】だ。

【鳥居みゆき】さんが波に乗る過程で彼女を中心としたサンミュ【スタッフ】総出で行った徹底したイメージ戦略と比べれば、 【ウメ】さんのパドリングをすべきである所属事務所のマネジメント側は当時【ウメ】さんに対して明確な方向性を付けなかったので 「ボヤー」とした輪郭を残すだけだった気がする。

【鳥居みゆき】さんはTV演芸でのイメージを固定したから製作側は風を変えたいときやアクセント付けだとか 番組を掻き混ぜたいときなども【鳥居みゆき】にオファーする理由を見出せたけども 【ウメ】さんのブレーン側は「ポジショニング」の設定を曖昧にしたことで、 制作側も特に【ウメ】さんを番組起用する理由付けを無くしたのだ。

それに当時のスケジュールを調べると サンミュ【スタッフ】側は勢いを切らさない戦略としてDVDの販売をすぐに実行しバーターでの露出の維持など 的確な初期戦略を踏んでいる。

【ウメ】さんには【鳥居みゆき】さんと同じく殆どの芸人さんには無い【彼女しか作り出せない独自世界】という売れるための武器は 確実にあるわけだから、他の小さな芸能事務所に所属する芸人さんに比べたら電波媒体への【次のチャンス】を掴む確立は 高いのだろうけども前回と同じように【スタッフ力】が欠如したまま戦略なき進出なら「スパーク」なき終戦なのだと考察できる。

才能のある芸人にあるには本人の力が最重要だけども「人気のある芸人」になるのは 『スタッフ力』なくしては現在ではありえない。これは絶対だ。100%。 これがココ3年近く、この現代芸能を観察してきてわかった結論だ。



-----------------------

二人の違いその(02)【覚悟力】



(02)【鳥居みゆき】さんは、自分が本当にやりたい『1人コント』や『役者』等と言う自己表現を行える環境を 構築する為に 肌を出す【グラビア】や【CM】にも挑戦した。

--> そこには売れる切っ掛けを得る為にどんな嫌な事でもヤッテヤル!という狂気や覚悟が存在する。


個人的に自分が一番【鳥居みゆき】さんを凄いなぁ。と思うのは芸の云々カンヌンより覚悟という【腹のくくりよう】だ。 ギャグラという水着グラビアでエロチックなDVDに関しての記事を読むと、彼女は肌を出すことも嫌だったが売れる切っ掛けとして ヤルなら腹を括ってやってやろうと思った。というニュアンスで答えていた。

そして、彼女がネットを中心としたムーブメントになったのは、このエロチックな「グラビア」と 珠玉の「独りコント」が入ったギャグラというDVD 無しにはありえなかったのだから、【鳥居みゆき】はあの時の選択勝負に勝ったのだ。

この事をオイチャンに置き換えて、もし自分が「女芸人」で肌を出すのも嫌いな性格だとして 果たしてあのエロありのDVDを撮る根性があるかと考えると、もちろん頭ではどんなチャンスでもモノにはしたいと 思うだろうけども。

ヤッパリ今までの芸能界にない、 大物芸人の目でもあの芸風に徹する【鳥居みゆき】の胆力、売れる切っ掛け作りの為ならエログラビアを撮る 「覚悟力」はハンパナイ。

もし【ウメ】さんがそういう選択肢が前に現れた時に「覚悟力」を発揮できるだろうか?

【ウメ】さんにスクール水着でシャワーを浴びるエログラビアと紙コントの融合を狙った【紙グラ】DVDのオファーが来るかは わからないけども、売れる切っ掛けの為にそれをチョイスする「覚悟力」は果たしてあるのだろうか。

基本的にオイチャンは【吉本芸人】大好きっ子なので女芸人では「森三中」さんや「ハリセンボン」さんとか好きなだけど 売れてる彼女たちが笑いの為にケツを出したり、プールのロケでわざと水着を外したりする芸人根性もやっぱり ハンパナイ「覚悟力」だ。

視聴者は、彼女たち【吉本芸人】の全身を使った「覚悟力」を感じ取って笑いと共に【吉本芸人】スゲーなと感動する。

まぁ実は、【ウメ】さんも元【吉本芸人】で「もう中学生」さんと同期の東京NSC7期(2001年組)なのだけども。



-----------------------

◆浅草キッド



昔は芸人でもないのにコノ曲を聴くと、

自然に涙が出てきた記憶があるのだけど今は 懐かしいだけで、そこまで心が揺すぶられない。

つまり現在、自分自身は何も勝負をしていない。ってことなんだろうなぁ。 リアルマンなのかツマラナイ人なのか。

その両方なんだろう。

この歌で涙を流せる人は逆に幸せだと思う。

今のオイチャンのように全てを失くしても特にそれ程ダメージが無いだろう人生で 「覚悟力」が欠如しているというのはある意味、滑稽で笑えるから泣けないのかなぁ。

嗚呼、また明日から何も変わらないルーチンが始まるよ。

ドラクエも終わっちゃたし。この秋からは【農民】へのカード集めもはじめませう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-08-15

現代の盆山。宇宙人が靖国神社にカワル箱物。 2009_08_15_[SAT]



2009_08_15_[SAT]

民主党は政権発足後に有識者懇を設置し靖国に代わる国立追悼施設建設へ本気で動き出すようです。


靖国に代わる国立追悼施設建設へ 民主政権発足後に有識者懇を設置



民主党は13日、次期衆院選後に政権を獲得した場合、靖国神社に代わる新たな国立戦没者追悼施設の建設を目指す方針を固めた。

政権発足後、政府に有識者懇談会を設置し、答申を受けて建設に向けた動きを本格化させる。連立を組む予定の社民党も同日、建設計画をまとめる方針を決定した。これに対し、自民党には、建設への反発が根強い。民主党などが建設方針を打ち出したことで、追悼施設問題が衆院選の新たな争点として浮上した。

≪2009.8.13 23:57≫


-----------------------


靖国神社崇敬奉賛会。



政治的な意見を述べるときに自らのバックグランドを隠して恥じらいもなく中立からの絶対性を語るバカ面たち。

と、皮肉をよく言ってるので当然、 自分の思想や宗教的バックグラウンドを書くと

宗教的ベースは人は皆ヒトリヒトリが自分のココロの中にナニビトにも犯されない教会を持つべきであるという 無教会主義の【キリスト教】信者で尚且つ、 天皇護持や日米同盟支持、参政権はその国への帰化によって初めて発生するという【保守主義者】で

靖国神社崇敬奉賛会の「祭神之記」を持っている「終身正会員」の遺族会員。 なので毎年、靖国神社に今後も日本が安寧で世界が少しでも明るくありますようにと参拝している人。

そんなアリガチな感じな人。

-----------------------

◆天にキリスト、地に天皇。

オイチャンの頭にある形を図にすると



日本という国家は、広義的な神道と言うOSによってマルチクス運営されていて、上に狭義の神道各派を初め仏教やキリストが独立して乗っている。

つまり、天皇を中心とする広義的な神道は日本を存在させるための信号整理が主な任務であり広義的な神道を否定するという事は日本の存在自体を 否定する事。それをなしに日本という名称を使ったところでそれは、単なる【日本エミュ】でしかない。

というキリスト系の保守主義者にアリガチな思考なのでそれを踏まえて読むべきなんだろうとは思います。

これも大抵の人間にアリガチですが自分の思考こそが真ん中。バランスの取れた常識人であると信じて疑っておりません。



-----------------------

◆終戦記念日?



特に終戦した日を記念日だとも思わないし政治家の参拝はその人が思想信条に基づいて決めればいいと思っている。

自分は参拝している人に一票を入れるけども。それは有権者が判断すればいい事。

参拝しない事をヨシとする人がいてもヨシ。 色んな国民の考えが存在する事は健全であり、 逆にどちらの方向性であっても強制的に否定する方が怖い。

それよりも問題はあるでしょ?

『外国人がヤカマシイんじゃ。じゃ、お前らの国に日本が同じような言動取っても文句言うなよ!このダブスタ野郎!』 という問題。どんな理由があるにしろ諸外国の人間が 日本の政治家に「国内のドコに行くな。」とかの方が問題アルアル。

自分の国がヤラレテ嫌な内政干渉禁止の国際ルールを平気な顔で破って。まさしく厚顔無恥な風物詩。

某国家は毎年、ワラかそうと思って内政干渉やってる?



-----------------------

◆そのコント笑える。



人それぞれの思考があるだろうから 自己の考えを強制する気はないけども、自分はコノ時期の騒動を見る度に

少なくともあの時代、多くの日本人がこの国で愛する人達の 未来を信じ戦って肉体を滅していき、

靖国で。と言って送り出した政府が何で靖国を蔑ろ?

今回、民主党が政権を取ったら 宇宙人か何かは知りませんが、その当時の彼らとの約束を【後だしジャイケン】みたいなやり方で

開眼供養無しのハコモノを作って拝めって?

ハイハイ、わかりますよ。信長がやったヤツね。 最後は裏切られて終わったけどね。

「靖国にカワリ盆山を拝め」という高札を掲げる宇宙人たちの政権誕生まで秒読み。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-08-05

嫌やったら別に捨ててもエエンやで? 2009_08_05_[WED]



2009_08_05_[WED]



-----------------------


1号機メガネが割れた。

正確には、「グラッシーズ」が「グラス」になった。

記紀にある豊作や吉凶を占えるわけはなく割れ損である。

片方だけが嵌ったフレームを付けてみたが スモークが掛かった度付きメガネなので予想以上に間抜けなオッサンが 鏡に映った。昔のタモさん?それを見てヒトリ爆笑。

とりあえず、予備の眼鏡2号機をレギュラーに昇格させた。

残った彼の処遇だが、とりあえず中途半端な【虫眼鏡】

辱めの閑職や。

毎日毎日ダレも使わないのに【虫眼鏡】として存在してもらう。 勝手に割れた片割れの連帯責任や。

何も仕事がない【虫眼鏡】

嫌やったら別に捨ててもエエンやで?

オマエなんてどうせ色付きやから 別のところで拾ってもらえるとは思えんけど。

「オイ!2号機に3号機。1号機をよーーく見とけよ。お前等もオレの許可無く壊れてみろ。タダでは済まんのやで。割れそうになった時は、ダレが身寄りの無いお前等を使ってやってるかよーー考えるんや。根性で割れるな!わかったな?」

壊れた無機質相手に関西弁で性悪イビリ小芝居を小一時間。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-08-04

この夏は、紙コント『ウメ』と仏像タレント『はな』の見分け方を身につけよう。 2009_08_04_[TUE]



2009_08_04_[TUE]



【通常型ウメ研究所--サブ・テキスト】

奇才芸人の定点観測という事で、 久しぶりにネットで【ウメ】さん関連を探してたら

トレードマークのアフロを短くカットされたようです。


-----------------------



中野も目黒もパーティー



ウメさん。アフロじゃなくなってました。 今までわからんかったけどちょっと綺麗だ。

イー☆ちゃんオフィシャルブログ 「大好き日本」 : 2009年08月03日(月) 00時59分38秒≫


ネジ屋【ウメ】さんアフロ切る。

この前、関東にいつもの浪曲と講談を聞く予定に【ウメ】さんも出ておられた某ライブを入れて 見に行ったときはアフロをなびかせてコントされてましたが



バッサリいかれたようです。

ナンシー関さんでは無いですが、 対象物に対してカタチの類似系を意識してしまうまです。



ごらんの様に コノ二人は、変身前と後で【類似率】が高いです。実はコノ二人はTVなどでの動く姿を比べると、 背丈以外は容姿だけでなく首を中心に「ヒヨコヒヨコ系」で進む歩き方など動作も似ていらっしゃいます。

また、どちらとも全体の雰囲気が【癒し系】で口調が【朴訥系】の為に 65歳以上のお年寄りは区別が付き難いのです。

今的に言えば【シンクロ率】が高いです。たぶん【ウメ】さんはホクロを付けたら【はな】さんを操縦できますし、 ヤクルトのCMに【はな】さんに比べて割安な【ウメ】さんを起用してもお年寄りは気付きませんからお得感が出てくるのでチャンスです。

従って【ウメ】さんが理想の男性像を「毘沙門天さま」と回答しブログに「お菓子のレシピ」を書きだし、 ちゃんと「人の目を見て会話」し出したら シンクロ率は100パーセントになったと考察してカプセルに突っ込んでもよろしいと思います。

そうなるとJ-WAVEのTIME FOR BRUNCHで【はな】さんの代わりに勝手に東京散歩してもバレにくいはずです。

あと、気になって【はな】さんを考察すると面白い事に、コノ二人はファン層もよく似た階層で構成されています。 従って、【はな】さんのファンを横取りハンマーが可能です。

これらの理由を総合すれば、この髪型の必然性が見えてくるのではないでしょうか。

おそらく舞台で見た【ウメ】さんの今までの会話アルゴリズムから推測すると、たとえ心にキスルモノがあっても。他の芸人さんが 「何故切ったの?」って聞いても『なんとなく』とか『特に理由はない』と答えるはずで、 あまり意味がないわけで。

ファミレスでツレに 二人の画像や今日、即効で作った二人の動きのシンクロ率がいかに高いかという検証動画の見せながら 【ウメ】さんが【はな】さんの仕事を横取りハンマーする為に髪の毛を切った。 という【コラアゲンはいごうまん】さん口調の「妄想感動物語」なネタで ヒトワライ。

ツレには『うわーー。そう言われればマジ似とる。あははは。』と好評ですが、 【ウメ】さんの目線を絶対に正面へ合わせずぶっきらぼうにステージまでの歩き方や【はな】さんの仏像様コエマネは『似てねー』と不評です。

コノ夏は、【ウメ】さんと【はな】さんの形態模写のクオリティを高めていかねばと思います。



-----------------------

◆関東の某ライブ。

若い芸人さん達のホトバしるエネルギーを浴びながら

ネタの構成力や展開力などは、やっぱり周囲の芸人さんと冷静に比較しても抜けている流石の【ウメ】さんでしたが 芸能というのは 数値競技でない印象競技なわけで



結局ソレを理解できる頭のキレル芸人しかこの小屋から抜け出す事はできないんだろうなぁ。と、

そう。自分の本当にやりたいヒトリコントを封印して【TV演芸】用のマサコを生み出した、 もうヒトリの奇才女芸人【鳥居みゆき】さんがココを抜け出たように。

自分が好きな浪曲や講談、能や義太夫などの演芸は売れている方が少ないのでわかりにくいが、落語家なんかは解り易く「上手い」と「人気がある」に全く関連性がない。

どの業界も現実はシーキビだなぁ。

あまたの光を浴びる事無く朽ちていった芸術家のように現代芸能に住む芸人さんも「ネタ」のクオリティが高くても滅び行く世界だからこそ生前の過程が面白い。という側面もあるのだけど。

カラカラカラ。歯車の音

と、笑い声のコダマスル中で。



-----------------------

◆「第一基本ルール」

【TV媒体での露出度】-->【営業単価の目安】という「第一基本ルール」で 戦う現代芸人。

北野武師匠が以前、売れる人というのは偶然であっても、売れ続けるってのは 必然だから。

色んな考え方があってもこの時代、売れるって言うのが【TV】に出る。 っていう事なら色んな理由を付けて芸人がそれから背を向けているっていう 姿勢は結局逃げている。って言う趣旨の発言をされていたのを思い出した。



あー。それってどこの世界でも同じなんだろうなぁ。

同じく先日、合同作品展の若手芸術家達のモガキ苦しみながらも戦う作品を見てオイチャン自体も自分の生きる小さなリアル世界での コレカラを色々考えさせられる事があったりしたなぁ。と。

彼らのホボ大半は殆どダレにも知られることなく絵描きとしての自分を終える。シビアだけどそれが現実。

オレ小さな世界だからって逃げてないか?

オレ小さな世界だからって自分に甘くないか?

そういう言葉を声にしたくない自分がいそうでワラエル。



-----------------------

◆ほぼ全滅がアリテイ。

若手の芸人さんのライブに見える刹那。



ニコヤカに過ぎる時間は確実におとずれるコノ小屋の表現者大半を終戦へと導くフリとして存在する。

落語家などの過去の財産である古典がない現代芸能で生きる今、目の前の舞台で演じる芸人さん達は、第一関門到達の時間制限つき短距離走。

全速全力で【TV】というマス媒体へ到達する事が「第一基本ルール」において 『現代芸能で売れるという定義の至上課題』になるわけで平曲を奏でる琵琶のシラベ。

知るか知らぬかは別に問題でなく確実にオトヅレル滅びの業火に焼かれる定めを背負う大半の芸人。 滅びは美しいなぁ。そんな事を思いながら小屋で芸人さんの芸を見ていた。

どこで引き返すべきか。

行きは良い良い帰りはコワイ子守唄。

それとも、卒塔婆にウズクマルは小町?

いくら『美しいネジ』を作り出してもそれは『ネジ』

それを昇華しウォーホルのトマト缶になれるのはたった一本。



-----------------------

◆滅びは美しい。

若手芸人のライブ会場は、いつも湿ってなめかわしい。

パチパチと弾ける線香花火に滅びの美しさがあるように若手芸人のライブ会場は、 刹那だけが持つ美しさがある。

ましてや現代芸能は電波媒体を主戦場とする 【芸能事務所対抗の印象戦】

それほど大手事務所所属ではない芸人さん達が自分達の生きている証を証明せんとする空間がココ。



それは、まるで2週間の命を与えられた蝉のようだ。

ジリジリと彼らは耳をツンザク鳴き声をあげる。

僕は狭い小屋で未来の業火に焼かれる蝉の声を聞く。

嗚呼、滅びは美しいなぁ。

僕も蝉のように死ななければ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━