※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2009-05-17

机上人達のアクセス父さん『専門性のある記事をなんちゃら』とかで。02 --2009_05_17_[SUN]



2009_05_17_[SUN]

このブログはもう3年目だ。

毎日、リアル知り合い2人を含めて数十のアクセスだ。

たまにログを見る限りその三分の一がピーター≪もちろんポッドではない≫さんのようだ。


机上人達のアクセス父さん『専門性のある記事をなんちゃら』とかで。01 --2009_05_15_[FRI]の続き。

本当にオイチャンがアクセスを増やしたいなら、前回と今回のタイトルを「机上人達のアクセス父さん『専門性のある記事をなんちゃら』とかで。」とか にしないで「専門分野がない誰もが驚異的にアクセスを伸ばす6つの方法」とかキャッチにする。だろうなぁ。

今回はもったいぶる割にはショボイ情報商材にあいがちな「あざとい」キャッチとともに「こういう方法で金持ち」という本を書いて金持ち戦略風。という感じで書いてみる。

-------------------------------------------------


で、オイチャンのブログは?というと

コメント欄もなければ、他のサイトへトラックバックもコメントもしない。 それにリーチを伸ばすためのグーグル検索の登録もこの前から切ってる。

基本的にここの 記事のタイトルも完全にキャッチから懸け離れて何が言いたいのかわかりずらい。 サブに意味のわからない英語。≪これは英語をタイトルに含めると記事のファイル名に転用される仕組みなので 個人でローカル保存の検索用対策でやってて読み手がどうこうとかは関係なし≫

さすがに書いてる本人すらもタイトルが長すぎて、サイドリンクからブログが読みづらくなり最近はできるだけ日付けのみにしている。

こんなサイトでもすぐにアクセスを急増できる「スゴワザ」があるって知ってました?


この『5つ』を知れば三日坊主でも確実にブログを3年続けられる!?

-----------目次------------
  1. ブログ初心者が確実にアクセスを増やす『4つ』の手法
  2. ブログ初心者が確実にアクセスを増やす『3つ』の文体
  3. 長期と短期でアクセスを増やすたった『2つ』の手段
  4. 人気が無くてもブログを止めらない「魔法の思考」とは?
  5. 誰でも簡単にできる!「魔法の思考」を作る禁断のレシピ
-----------------------




ブログ初心者が確実にアクセスを増やす『4つ』の手法-------


◆人気ある「ブローガー」又は「記事」に対しての【反論・異論】を書くことです。

論に対しては親和性よりも異論の方が読者も様々な見方のヒトツとしてクリップしやすくなり記事へのリーチも高まる。

総論賛成、各論反対の場合にも親和性に対する記述よりも異論部分を前に出す。

で、その場合に具体的に取る4つの手法とは
(01)【記事に対する反論や意見】から始める。--> 例えば今回なら「専門性を生かして記事を書こう」というありがちなエントリーに関して出だしから「誰もが専門分野があるわけではない」 という相手の言論のコアに対して異論を冒頭に持っていき読者を文章に引き込もう。

(02)対案は【箇条書き】であげる。--> 出だしで読者を引き付けた後は、対案を箇条書きにして見出しを作り、そのあとに説明を載せていこう。例えば今回なら 「誰もが専門分野があるわけではない」から「大多数の人はこの6つの手段で記事を書こう」 などとするテーマに沿った対案をまず箇条書きで提示する。

(03)説明は【記事の瑕疵と対案の優位性】を併記する。--> 従前の相手方論述との差、こちらの新規性をアピールという『実用新案特許』の雛形のようなテンプレートで記述する。

(04)検索等での【リーチを高める手段を実効】する。--> 対象となる記事への【トラックバック】は当然だが、記事の関連したブログなどにもサイトのリンク付きでコメントをつける事で 「アクセス」を流す。

※ ただ注意したいのは、あまり人気の無い「サイト」やそれを運営する「ブロガー」に対する【反論や異論】をこれらの手法を用いて行うと 陰湿な感じを読者全員に与えますのであくまでも対象は【人気のある】が大前提となります。



ブログ初心者が確実にアクセスを増やす『3つ』の文体-------


◆文体も当然ブックマークへのクリップされる事を意識し他人が突っ込みやすい【少し崩れ】のある文体を心がける。

ガッツリな美しい文章、広く縄をかけるような文体とは観賞用になってしまい、大多数の普通の人達が繰り広げる議論の素地となり「アクセス」を稼ぐ魅力的な文体とはいえません。

で、その場合に具体的な3つの文体特徴とは
(A)「ちょい高飛車」--> 少しオマエ何様的な態度の方が見ている側はエキサイトするので 記事をクリップし反論したくなる。あくまでも可愛げのある「ちょい高飛車」です。 この「ちょい」を間違えると高確率で炎上という状態になります。

(B)「エキセントリック」--> 主張ポイント部での文末を断定口調や少し語気を荒げるなど切り替えるなどして熱を入れる。 少し熱のある滑稽な崩れがある文章は、他人も突っ込みやすくなる。

(C)「論に少し穴あけ」--> 公開で文章をクリップをしたいという彼らの心の裏に潜む 反論や賛同をすることで自尊心を満たす要件が整わないダメ。 普通の人はわざと穴を作らなくても大抵存在するのであからさまな突っ込みどころを作らなくても大丈夫。

で、こんな感じ≪論の芯はシッカリしてBとCの要素は大きくふれれば振れるほど食いつきがよくなる≫を毎回行えば当然、数年たって毎日「数十」とかいうアクセスなんてのはありえない。

そんな事はわかってる。



長期と短期でアクセスを増やすたった『2つ』の手段-------


◆当然、どういった期間で「アクセス」を増やしたいかでとる手段を変えなくてはいけません。

高いスキルがある「専門分野」もなく一目見ただけで「惹きつける文」も書けない多くの普通の方が「アクセス」をそれでも稼ぎたいのなら

期間別に次の2つの手段を取りましょう。
(01)「アクセス」を短期的に伸ばす-->{ブログへのリーチを高める努力。} 他の人気ブログへ【コメント】の書き込み、【ランキング】の参加、【トラックバック】等を行いましょう。他人の大きな田んぼから水を引く細かい努力。

(02)「アクセス」を長期的に伸ばす-->{ブログの常連を作る努力。} 長く高いアクセスを維持するなら常連さんを作りましょう。共に同じテーマをブログなどで語れる 同士をみつけ【結びつき】と【信用】を醸成するという努力。

以上の手段をとるほうが「専門分野」を身に着けてから「アクセス」を稼ぐよりも圧倒的に目的到達が早く簡単にできます。

つまり、このブログで現在は全く行っていない事につきる。という事です。



人気が無くてもブログを止められない「魔法の思考」とは?-------


◆ブログを止めたり、更新頻度が大幅に開くなどの状況を生む最大の理由は『アクセス』があがらない事にエントリーを挙げる モチベーションが下がってしまう事にあります。

まず現実として、このブログは足掛け3年、1日でアクセスが平均「数十」≪三分の一はスクリプト≫しかない全く人気が無いブログにも拘らず 3日に1回ぐらいのペースでエントリーが挙げ続けています。これからもしばらくは続くでしょう。
(01)なぜ、全く人気の無いブログで心が折れずに3年もエントリーが挙げられるのか?

(02)なぜ、それもアフリなし、アクセスを伸ばす処置なし。でもガッチリ長文で平気なのか?

それは、人気が無くてもブログを止められなくなる『魔法の思考』を使っているからです。

『魔法の思考』?そうです。

『魔法の思考』を使うことで皆さんもオイチャンのように「人気が無くてもブログを止められなくなる」のです。今回はその『魔法の思考』を期間限定でお教えしたいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『魔法の思考』とは、-->「アクセス」ではないブログ継続の主眼を持つという事です。

つまり、「アクセスとは違う動機付け」を作り出す-->それに思考を向かわせる。

たったコレだけの事で? そうです。

たったソレだけの事を行うだけで、 このブログのように誰だって実際足掛け3年以上も「数十」のアクセス数しかなくても絶対に心折れず続けられるのです。

では 次にどうすれば「違う動機付け」を作り出し向かわせる『魔法の思考』を作れるのか具体的に見てみましょう。



誰でも簡単にできる!「魔法の思考」を作る禁断のレシピ-------


◆ブログを始めるに当たって『魔法の思考』を作るため最初に決めたる事、それは

『ブログを書く事にどういう意味合いを持たせるか?』です。

そして「アクセス数」や「読まれること」は2次、3次的として優先される 『別の思考』とそれによって「得られる効果」をセットで作り出します。 その具体例を2つ挙げてみます。

  1. 訓練としてのブログ。(別の思考)-->「考察力」を高める為。(得られる効果) オイチャンの場合は、次の展開に備えてブルーワーカーな日常で物事を多角的に考えなくなった「考察力」を取り戻し高める。これを 一義とする為に「アクセス」は2の次となる。
    (01)具体的には、 『門外漢である分野』について調査し考察する。 オイチャンにとっては知らない分野である【アメリカの動向】、【WEBソリューション】、【伝播と放送媒体】、【ロシア文学】、【現代芸人】などを 考察だけで書き綴る事が主目的となりアクセスの数が気にならなくなる。 ローカルでなく公開する意味は、自分の記事を第三者的に捕らえる訓練にもなるという思考構造を定着させる。

    (02)なぜなら、 「考察力」を高める訓練であるから オイチャンにとっては未知なるモノを考察する事が最大の訓練効果を生む。 その世界を知らない読者からすれば面白い未知の文章だけども。ブログを書く意味を「アクセス」から「訓練」へ思考を転換させる。

    (03)NGとして、 『専門性のある記事をなんちゃら』ついて書かない。 オイチャンの場合は、現在のブルーワーカーも具体的な部分については触らない。 【飲食店】のコンサルや【不動産】の取引等の今までオイチャンが経験してきた分野等もココでは書かない。

    個人的には、この『魔法の思考』始めた2年まえ当初よりも自分自身でかなり広角に考察できる事を様々な日常でも実感できるようになってきた。 それは最初の方のエントリーと自分で見比べてみると未知の物に対しする【考察スピード】が段違いに高まっている。マジで継続は力。 感覚的に構成が頭にぼんやり浮かぶようになってきたのでエントリーを書く時間が早くなった。 今後もガンガン門外漢を観察し考察して能力を鍛えていきたい。

    -------


  2. 記録としてのブログ。(別の思考)-->「達成感」を高める為。(得られる効果) オイチャンの場合は、 週に3本程度≪1、3、5分≫の創作話を年末までに70個作るゴールを目指し、PCに録音したものを記録していく。 これを一義とする為に「アクセス」は2の次となる。
    (01)具体的には、 『目標』への経過をつづり達成感を目指す。 オイチャンにとっては【年末まで70個の創作話】、【毎週ネタ番組を構造分解】を記録。 一般的には例えば【目標への体重記録】、【目標への読書の記録】、【目標へのランニング距離の記録】などを継続して記録し 目標への到達度だけで書き綴る事が主目的となり自分との戦いであり「アクセス」の数が気にならなくなる。

    (02)なぜなら、 「達成感」を得る記録であるから 後から振り返り上手く行かなかったときの原因を探ったり、 公開する事で経過を客観的に眺める事ができ目標の達成感も倍増する。 ブログを書く意味を「アクセス」から「達成感」へ思考を転換させる。

    (03)NGとして、 『不正確』に書かない。 不正確に記録するとそれをカバーする為に無理が来るので 予定が狂っても達成できなくても、公開で正確に記す事で自分の弱さも客観視する事ができるメリットがある事をしり 正確に記す。 だから「アクセス」を意識しないで自分の闘いとする。

    個人的には、以前のエントリーで書いたブルーカラー脱出の時の為に【営業トーク】基礎訓練を終え、 いよいよ2009年5月の初めからオイチャンは 週に3本程度≪1、3、5分≫の創作話を30分ほどで作りPCに録音して自己審査し、 ボツ以外はツレに試してみるという【トーク】の能力を高める訓練を始めているので 今後は自分との戦い【記録】としてTwitterとブログに綴ることにした。


このように、ブログを書く意味合いを「アクセス」数とは別の思考に変換しましょう。

そうすれば、全く人が訪れない未開のブログでもガツガツ、ガンガン長文 ≪1本のエントリーを書くのに考察を含めて最大1時間半って時間を決めて書いてるから長文は3日ぐらいかかる時もある≫を何年間も 心折れることもなく続けられます。

毎日「アクセス」数十でも、全くモチベーションが落ちません。これからもガツガツ、ガンガン。



----------------



━━━━━━━━━━━━━━━━━