※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-09-17

ちょと!そこの貴方!ひよっとして頭が残念賞な人ではないのか?He has regrettable brains.



2008_09_17_[WED]

なぜ、現実世界はこんなにもつらいのだろう。

昨日も適度に労役をこなしながら脳みそは今生における人生失敗の原因を考えていた。

大学出たときに初任給が良いというだけで、いくつか選択肢があったのに【地場の地上げ屋】に入ってしまった。 というおいちゃんの【ノリの軽さ】や【長期視野の欠如】は思い出しただけで笑える。結局、数年で揉めて辞める。

のだが、そういう意味では己を知り地方公務員を選択した父親の偉大さ。

この齢で知る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━



その偉大なる父親。

背中を見て育つべきおいちゃんのその偉大なる我が父親は、 労働大嫌いで仕事ができない≪息子から贔屓目に見ても驚くべき向上心の無さ≫万年ヒラ窓際地方公務員だった。 まだご存命中。

地方の貧乏人の子せがれであった父親は地方の国立大を平凡に卒業して地方公務員になった ごくごく普通の経歴なのだが、 おいちゃんが子供の頃からびっくりするほど人の話を適当に聞き流し、全く真剣に受け止めない。

母親などに生活のことで注意されても ≪戸を閉めて、ご飯を食べたら食器を台所、トイレは使ったら閉める。ご飯をペチャクチャと音を立てて食べない。etc..≫ 『そやな、わかった。そうする。』と必ず返事をするのだが守られたことは無かった。現在進行形だ。

両親に直接聞いたことは無いのだが、おいちゃんは物心が付いたころから 【オレの父親はひよっとして頭が残念賞な人ではないのか?】という疑いを持っていた。

のだが、おいちゃん、いまの職場で『そやな、わかった。そうする。』と必ず返事はするが適当に流している。

おそらく事務のあの女にオイちゃんは、

【ひよっとして頭が残念賞な人ではないのか?】

という疑いを持たれているに違いないのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━