※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-09-08

鳥居みゆきは、【お笑い界のナックルボーラー】 --≪0831--0906.2008≫ Hana-KIN DATA Land!



2008_09_08_[MON]

【現象としての鳥居みゆき】≪0831--0906.2008≫

定時定点観測という事で 【現象としての鳥居みゆき】がどうなっているのかをネットのログなどをザッと適当に覗く。 おいちゃんが今週気になった事や面白かったのは【3点】ありました。


  1. 新キャラ鳥居みゆきの【父親】が時間差の天丼で登場。

  2. 新キャラ鳥居みゆきの【精神科医・伊藤】≪ふてぎ≫が小ネタ絡みで登場。

  3. お詫び



  1. 新キャラ鳥居みゆきの【父親】が時間差の天丼で登場。

    今週≪0831--0906.2008≫は【鳥居みゆき】さんのGYAOというネットTVでの冠番組【鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ】≪0904.2008≫が放映されたようなのでUPされている動画を観察してみました。

    すると、高度なお笑いテクを駆使して 【鳥居みゆき一家ワールド】の 【ははおや】に続き 新ネタキャラ【父親】が出てきてました。キャラ的には【厳格な狂人】です。

    【ハイタ】の会話を冷静に分析すると笑いのプロ仕掛けがちゃんとあるってのが 以下の【鳥居みゆき】さんの【父親】ガラミの会話構造を理解した上でアーカイブか、どこかにUPされている動画をもう一度見直してみるとわかると思う。

    1. 一回目の【父親】ふり
      『父親が地球に切れるの。』と唐突に【ボケ】る。

    2. 突込みが話を拾うところを一旦【つぶす】
      【ボケ】ながらの【フリ】に周りが話を拾うと『そこは触れられたくないの』 と、いったん話を【つぶし】て一度目の笑いを取る。

    3. 二回目の【父親】のふりを【時間差ボケ】
      視聴者が終わったかと思わった【父親話】を突っ込みが再びふる≪さすが不思議ちゃん鳥居さんのボケを四ドル≫と『父親が地球に切れるの。うちのお父さんドップラー効果は俺が発明したって言ってた』【時間差の天丼】で落として二度目の笑いを取る。

    今回の【ハイタ】の見所は【鳥居みゆき】さんの【高速ボケ】を全力で拾う3人。 【父親】出現のカラミだけでも構造化して分析してみるとやっぱりプロの全力話術は凄いし≪当たり前だがおいちゃんのような普通の素人は尋常でない高速ボケ連射に対してこれほど拾えない≫オモロイ!

    会話の構造を細かくバラシてみると、【鳥居】さんって話を一旦完全に【つぶし】て≪時間差でかぶせてくる他のボケのヒトは完全につぶさず伏線の形で残す場合が多い。≫貪欲に小さなヒト笑いをとった後【時間差】で重ねて落とす≪ここで天丼でかぶせる場合が多い≫という技法が好きなのだろう。

    えっ、それさっきの【ボケ】と方向違うよね。というのをよく見かける。

    つまり、一旦完全に話を終わらせて最後に強引に天丼でかぶせるので他の【ボケ】のヒトよりフリハバがでかく感じる。このあたりが【鳥居みゆき】さんのネタに【理不尽】や【不条理】の味付けを行い観客は他のお笑い芸人さんとの違いを感じるのだと思う。

    【鳥居みゆき】さんは、お笑い界のナックルボーラー。だから

    【突っ込み】の方の力量がマジ試される。オソロシア。

    パルプフィクションの頃のタランティーノのようなナックルボーラーぶりは、トークだけでなく マサコ系のショートコントでも話を途中『一方その頃、コーカサスでは!』などと別にふる事で【本筋の話を一旦つぶし】て別の流れを作り 最後にもう一度、終わったはずの最初の流れを持ってきて重ねて落とすという本来禁じ手であるような観客を置いてけぼりにする【時間軸をふるネタ技法】を素人の観客相手に多投している。

    【鳥居みゆき】さんのオソロシアは、前田利常のように鼻毛ボーボーで何にも考えていない剛速球ピッチャーのように見せておいて【実は変化球を多投する技巧派芸人】だ。というギャップ。

    ああっ、オソロシア、オソロシア。




  2. 新キャラ鳥居みゆきの【精神科医・伊藤】≪ふてぎ≫が小ネタ絡みで登場。

    新キャラの【精神科医・伊藤】≪ふてぎ≫が小ネタ絡みで登場。キャラ的には【自分に自信を持った世間知らず】です。

    前述のGYAO【ハイタ】で 【鳥居みゆき一家ワールド】の新ネタキャラ【精神科医・伊藤】≪ふてぎ≫先生が出てきてました。

    もちろん【鳥居みゆき一家ワールド】の住人達は彼女の価値観によりデフォルメされて出現するのですが今回の キャラも【医者という社会的には評価され一般常識を持っているにもかかわらず、患者の方が・・】という よく繰られているコント仕様で出現してきました。

    【鳥居みゆき】さんのすごさは、こういう括りのあるキャラを高速で出現させて【ボケ】てくるので【突っ込み】の力量が 物凄く物凄く問われる事です。当事者達は大変でしょうが見ている方は物凄く愉快です。




  3. お詫び

    なぜか【鳥居みゆき】さんを観察していると謝罪する意味がわからない人達が【お詫び】していたりいますが

    今日の【お詫び】は24時間TVで【鳥居みゆき】さんにお願いをしてしまった中学1年生、13歳のお詫びです。

    お詫び


    (コレです。放送では、映されませんでしたが。。絵が下手なのは百も承知ですww叩かないで~w )


    24時間テレビで鳥居さんに誓って欲しい事をFAXで送りました。最後に読まれたんですけど、今では後悔しています。なぜなら、「鳥居さんがこうでいて欲しい」っていう自分勝手な意見だったんだと思うんです。素を見せないのがカッコいい。だから、素を見せないでくれといってしまったのです。

    本当に反省してます。

    鳥居さん、鳥居さんのファンの方。本当にごめんなさい。今週のハイタッチの時に直接謝りたいと思います。

    暗闇に明かりが灯れば : 2008年08月31日(日) 21時48分≫


    というか、あのファックスって≪動画でみた≫ネタで誰かが送ったんじゃなくてガチFAXだったんですね。 13歳って・・・【鳥居みゆき】さんって、えらくファンの裾野が広がっておりますなぁ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━