※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-07-09

加藤紘一元幹事長は無罪です。I know he is innocent.



2008_07_09_[WED]

残念ながら加藤紘一元幹事長の言説に対して拉致被害者の方々や憤りを感じずにはいられない我々日本国民は 責任を追及することはできないでしょう。

加藤氏「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」と発言 家族会・救う会が抗議声明



 自民党の加藤紘一元幹事長が拉致被害者5人について「国家と国家の約束だから北朝鮮に返すべきだった」と発言したことをめぐり、拉致被害者家族会(飯塚繁雄代表)と「救う会」(藤野義昭会長)は9日、「拉致被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤氏に強い憤りを覚える」と抗議声明を出した。

 加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言。金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても「天皇陛下みたいな人物だ」と述べた。

 「家族会」と「救う会」の抗議声明では「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。「不見識極まりない発言だ。加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。

The Sankei Shimbun : 2008.7.9 14:40≫


そして皆さんは明らかに政治問題化すべきこの常識を逸した加藤紘一元幹事長の言動に対してTV等のマスメディアが沈黙している理由をおわかりになるでしょうか?

そうなんです。法治国家のわが国では加藤紘一元幹事長に、民法713条が適用されるからです。

民法713条

精神上の障害により自己の行為の責任を弁職する能力を欠く状態にある間に他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない。ただし、故意又は過失によって一時的にその状態を招いたときは、この限りではない。


根本的な問題は約束したからといって誘拐犯に人質を戻せという加藤紘一元幹事長の言動ではなく、周りの人はこのような彼の言説から明らかに精神障害を持っているのがみてとれるのに≪本人が全く罪の意識を持たない民法713条が適用されるような人間≫国会議員として権力を持ってしまっていることで治療してあげられない悲しさです。

ちょっと題名は忘れましたがショートショートでこんなのありましたね。

オイちゃんが自民党支持者というだけではなく人道的見地からも自民党は加藤先生の処置入院を真剣に考える時期が来ていると思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━