※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-04-26

人生残酷物語--三十路豚人生。Ticket To Piggies Ride.



2008_04_26_[SAT]

▲オ イちゃんの二歳下の実弟はもちろん普通に既婚で普通に人生。

オイチャンは、大学卒業して普通の社員労働者から現在の気楽な低賃金派遣労働者になってから実家に戻って 気が付いたら三十路も半ばを超えてパラサイト独身。 職場では、ちょっと訳ありオッサンとかに囲まれて単純労働。 休憩時間は競馬やパチンコ雑誌を読んでるおっさんに話をあわせて愛想笑い≪その辺は妙な適応性を発揮。≫

たまたま、ちょっと調べものをしていたら昔、不動産屋で一緒のヤツが独立して 会社のサイトを作ってた。

時間って残酷だなぁ。

▲そ んな直視したくないはずである現実の中、 マジでオイチャンがヤバイと思ったのは年齢よりも精神。 ぬるい下層階級な生活にどっぷりつかってしまって昔のような向上心がドンドン喪失してきているのだ。 【ヤツに負けないぞ!】とか人間が成長する上で必要と思われる気質が喪失。

まさしく精神が『ああっ、そうなんだ。』だけで『よーーし。オイチャンもがんばるデーー』とかいう反骨精神が全く沸いてこない。

その全く【オレもがんばるぞ!】と沸いてこない精神に気づいてマジでこれはヤバイと気づいた。 エレファントシンドローム。敗者への道。自分自身の哀れな人生が他人事のように見えてる。



まさしく、リアル【千と千尋の神隠し】呪いを掛けられたのようだ

▲オ イチャン、完璧に人生が最下層で仕上がりそうなフラッグ立ちまくり。

絶対に年をとっていくと辛くて働けなくなるのはわかってるのに全く保証も無い安時給の職場で 環境に抗うこともなくただ坂を転がるように無駄に年を重ねるだけの オイチャン。この気づきの中にあってあえてエレミヤの言葉を避ける背徳感?



親が死んで身よりも金も無く乞食になって追い込まれ、 ホップ、スッテプ、死に際に涙を少し浮かべてブヒブヒ泣くんだろうか? その時にみる深淵はどんな表情なのだろう。

何かの切っ掛けで確率変動し下層階級から太陽に向かって蝋の翼を広げる事はあるのだろうか? まぁ、どちらにしろ結果は同じだったりするがそれはそれでオモロだな。

ただ残念な事にこの妄想のあと明日からの現実は、 またメビウスの迷宮での単純作業がはじまるよぅ。ブヒブヒ。