※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-04-07

Nooooorth, tsniff for linux



2008_04_07_[MON]

とある界隈しか殆ど意味がないとある界隈 ts_sniff for linux 。

とうぜん物凄く需要曲線はあれな筈なので、

アダムスの『神の見えざる手』 に従い歌姫サバーへ踏み込む バンビちゃんの足跡は、思いっきり『見える足』なわけで。

隠してくれる葡萄もないので素足で貰いに。



■[tsniff] 1.0.0 タグ付けた





FILES
=====

$HOME/.config/tsniff.conf
  設定ファイル


NOTES
=====

tsniff は shell script や MythTV などのフロントエンドに対して、
ハードウェア制御などの処理を行うバックエンドとして利用することを想定しています。
よって、 tsniff そのものに予約などの高度な機能を追加する予定は **全くありません** 。

B-CAS 初期データ
----------------

``--b25-output`` を指定し、かつ B-CAS データ入力に ``pcsc:`` 以外を使用する場合は、
B-CAS 初期データ(システム鍵・初期 CBC)を別途指定する必要があります。
これは、カードリーダがなければ B-CAS 初期データを取得できないことからくる制限事項です。

B-CAS 初期データは、オプションで指定するか、設定ファイルに書いておきます。

tsniff.conf::

  [b25]
  system_key = 00112233445566778899AABBCCDDEEFF00112233445566778899aabbccddeeff
  init_cbc = 0011223344556677

なお、B-CAS 初期データは ``--dump-bcas-init-status`` で取得できます。 ::

 $ tsniff --dump-bcas-init-status >$HOME/.config/tsniff.conf

そのまま設定ファイルとして利用するのが良いでしょう。


動作確認環境
------------

* HP ProLiant ML115 (Athlon 64 3200+ / 512MB)
* Ubuntu Linux 7.10 (i386)
* YAGI DTC110
* libusb: d9b2ce2894ed43d34de6850f2dac50ccabf1db55
* arib_std_b25-atty: 1d4752d3156f


TODO
====

* 終了ステータス (エラーの有無)
* ポータビリティの向上(\*BSD, MacOSX, ... Windows はしらね) 
* VLC の input module にする
* mplayer の input module にする
* EP4INのパケットサイズを可変にする(ファームウェアのパッチ当て)
  変更後は、EP4INのパケットサイズをディスクリプタから読んで設定する
* Friio対応(実機がない)
* TSの処理
阿川のひとりごと : 2008-04-06 (Sun)≫


これで、とある界隈のバンビちゃんもおそらく自作ラッピングできるようになりました。 リナザウと違って他者のエンドはおそらく期待できそうにないので ≪まずこんなローカル標準じゃ・・≫、か弱いバンビちゃんはおそらく歌姫のinput module待ち。

個人的購買は歌姫も言っているが『PC向け地デジチューナー』がどういう風になるかを見極めてから。

>Windows はしらね

日本には恐ろしい恐ろしい著作権マフィアが率いる『著作権ハンター』 たちが自分たちの土地に進入したバンビちゃんを挽肉にして売りさばこうと狙っている。

だけど、残念なことに歌姫の『とある界隈』には『カメレオンウエビー』と『りなくす』二重の障壁がそびえているので獲物が少ないから旨みがナッシング。さすがに『著作権ハンター』も追っては来ない。

その上にこの『とある界隈』の動物達は、『著作権ハンター』の有効射程距離を多少なりとも意識して活動している。コミュニティにしかわからないパス付で研究結果を配布したり、商用でなく研究対象としての証明としてソース公開≪公開無罪ではないが、独占権を極度に嫌う世界のネットコミュではソース公開する事で言論の自由とリンクさせて語っている風土がある。≫など自分なりの理論武装をしている。

つまり 『著作権ハンター』たちも反撃されるリスクさえ多少ある。このあたりは【ハンターと動物達の阿吽の化かし合いだ。】

無修正ビデオ、本番風俗、etc。見て見ないふりだ。建前ではとうぜん、著作権マフィア達も自分達の土地に一歩でも 踏み込めば皆殺しを宣言している。 しかし 『著作権ハンター』を牛耳るギルドの親分達は馬鹿ではないからそこまで障壁を越えて撃ちにくるのは遊びのないブレーキと同じで戦前のように社会収縮を有むという事を 理解している。また、あまりにも強権がすぎると自分達の生存も否定される。 『著作権ハンター』は著作権協会会員というマフィアの構成員達と世論を見ながら微妙な閾値を調節している。

KYな人は、『なんであの会社はカメレオンウエビーをわざわざチップパーツ売り?』とか 『なんで標準が半田ごて仕様なんだYO!』と、あくまでもわざとそういうにしてる【大人の事情】を読めなくて叫んじゃう。

もちろん、カノッサ的歴史考察によればこういう 【中学生バンビホイホイ機器】は需要があればとどまることを知らない。

おそらく恐ろしいハンターがバンビ狩りを行う条件は、『カメレオンウエビーがワンチップになってUSBコネクターに簡単にくっついちゃったYO!』と『XPとビスタにくっついちゃうよ』で『フリーダムUSB』とかを並行輸入で売り出し。

『著作権ハンター』が 仕留めにくい国外アジアのローテクで開発され静かに流通し、一番最初に【ラジオライフの新製品紹介】で取り上げられ【ゲームラボの白黒広告】として登場し【ネトラン】【iP!】【PC・GIGA】【Windows100%】の順序で下流へと浸透していくのだ。

そして、このころぐらいから『著作権ハンター』は、高性能ライフルの手入れを始めて 【Yahoオークション】から【楽天市場】に蔓延したところで国内の一番狙いやすい狩場へと出かける。

一撃必殺の高性能ライフルをカウンター越しに構えて『著作権ハンター』はこうさけぶ『おい、ぼんくら!命がほしかったらオレの名前を言ってみろ!』

すると、あーら不思議。【大人の事情でR4などが表向きには消えるのだ】