※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-09-01

Say cheese! Ms Hillary had greeted Hsu with a good smile.



2007_09_01_[SAT]

自分はノーマルな保守主義者なので日本の利益にもなる日米同盟を支持しています。

とうぜん、全く意味が無いか日本だけが一方的に損になる協定や同盟なら破棄すべきですが。

Wealth, mystery surround donor Hsu

WASHINGTON — Money has brought both trappings and trouble for Norman Hsu. Major contributions to the campaigns of Sen. Hillary Rodham Clinton and other candidates have made the apparel executive an insider in elite political circles. He shows up in cozy pictures with politicians, at lavish fundraising events, and on the boards of prestigious organizations.

But Hsu's history includes more unsavory episodes and associations. In 1990, he allegedly was kidnapped by Chinese gang members in San Francisco as part of an apparent effort to collect a debt. A year and a half later, he pleaded no contest to a charge of fleecing investors in what authorities called a Ponzi scheme of fraud. Along the way, he left a bankruptcy filing and bitter investors who accused him of making off with their savings.

Hsu is now at the center of a political scandal, with Sen. Clinton (D-N.Y.) and others rushing to return his contributions and sever embarrassing ties to a man still wanted on an outstanding warrant for the fraud case in California. Hsu could turn himself in as early as today in San Mateo County, where a hearing on the matter has been scheduled.

(Los Angeles Times : Greg Miller and Chuck Neubauer : August 31, 2007)


次期大統領候補のヒラリーさんが、逃走中の指名手配犯から献金を受けていたようです。というNEWSだと普通に見ていたのですが さすが産経の古森義久さん。慰安婦決議で米国で活動する中国系の抗日団体の意を受けて頑張る日系のホンダ議員も献金を受けていた額の詳細をレポートされています。

W慰安婦決議のホンダ議員が指名手配中の中国人からの不正献金受け取りを認める。

ホンダ議員と中国系とのカネの結びつきはここでも立証されました。しかも犯罪がらみのきわめて怪しい中国系人物たちからの献金なのです。 ホンダ議員が献金を受けていた時期も慰安婦決議案の審議の最中でした。

ホンダ議員が放棄した献金の内容は以下のとおりです。

2007年6月25日にウィリアム・ポー(鮑)から受け取った1000ドル

2007年6月25日にビビアン・ポー(鮑)から受け取った1000ドル

2007年6月25日にノーマン・シュー(徐)から受け取った1000ドル

シューという人物は中国系のビジネスマンとされていますが、1991年にカリフォルニアで盗みの罪で懲役3年の刑を受けました。しかし彼は姿を消し、指名手配中でした。その人物がニューヨークに現れ、ヒラリー・クリントン上院議員はじめ一連の民主党政治家に合計100万ドルにも及ぶ政治献金をしていた、というのです。

この献金騒ぎでの焦点はこの資金の真の出所はどこか、ということです。もし外国の機関や個人からの献金であれば、違法です。シュー、ポーという人たちはいまはアメリカ国籍のようですが、出身は中国です。しかもわりに最近のアメリカ移住です。

ホンダ議員もこのシューという人物、さらにシューとかかわりのあるポーという中国系一家からも献金を受けていました。ホンダ事務所は30日、この献金の3000ドル分を慈善事業に寄付した、と発表しました。本来、受け取ってはならない資金を受け取っていたことを認めたわけです。

今年の6月25日といえば、下院外交委員会で慰安婦決議案が採択される直前でした。下院議員選挙が近いわけでもないのに、そんな時期になぜ中国系からの献金がホンダ議員になされたのでしょうか。

(ステージ風発 : 古森義久 : 2007/08/31 10:21 )


こういう追い記事は、慰安婦決議の欺瞞性を明らかにさせ、同時に日米離反の計略に乗せられそうな保守層に冷静に日米関係の意味を考えさせる切っ掛けとしてボディに効いてくる良いレポートだ。さすが古森さん。