※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-09-27

日本へのキリスト教浸透を防いでいらっしゃる『聖霊様』



2007_09_27_[THU]

自分は無教会主義のキリスタンなので普通の聖書などをよむわけですが、自分が読んでいる聖書と違い韓国のキリスト教の 聖典はおそらく旧約聖書とかの原書もヘブライでなくハングル文字とかで書かれていたんだろうね。

『テコンドー岡本依子のブログがそりゃあもうえらいことに』にある『聖霊様』。摂理など『教祖』を前面に出してくる韓国では主流だが世界では、いわゆる統一教会などと同じくキリスト教カルトの様式。

韓国発のカルトなキリスト教が日本では普通のキリスト教として入ってくる。

そして、そのキリスト教を名乗る彼らの教祖様が淫行やお金を巻き上げて問題を起こし、信者に壷や燻製を売らせて暴利を上げて問題を起こし、タリバンの生息地域でイスラム教の貧しい子供たちにパンと引き換えに『♪ハレルヤー~ハレルヤー』と歌わせ、挙句の果てには合同結婚とかオウム真理教のように家族と断絶させて問題を起こすので普通の日本人はキリスト教は仏教などに比べてエキセントリックに見えている。

もちろん、日本では信仰の自由があります。ですから教祖に結婚相手を勝手に決められ、 結婚の儀式に棒でお尻を思いっきりスパンキングされるキリスト教を名乗っている教団に入り、 日本人である事を一生懺悔させられる人生を歩まされる事を他人が止めることも難しいです。

しかし、皮肉な事に日本に彼らの『聖霊様』が半島方面から降りられ初潮も来ていない少女に淫行、貧しいイスラムの村で意味のわかっていない子供たちに食い物と引き換えに讃美歌、日本人を合同結婚式という名の誘拐、半島史観の反日思想の強制、等々で日本へのキリスト教浸透を防いでいらっしゃいます。

そしてこのような『聖霊様』のお力は、私たちのような普通の日本人キリスタンにキリスト教信者というだけで白い目で見られる環境を与えてくださり、この自由な社会において第二次隠れキリスタンの道を余儀なくさせていただけるわけです。

もちろん、政治に興味のない韓国人、反日でない韓国人、穏やかな普通の韓国人も存在するのは当たり前ですが、日本での半島から来られる『聖霊様』の数々の行いにより韓国人全てをエキセントリックな狡猾でスーパー反日人間としてステレオ化してくださいます。

半島よりおいでなさる『聖霊様』は凄いでございます。