※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-09-12

安倍首相を殺したアメリカの『同盟国日本への慰安婦非難決議』



2007_09_12_[WED]

もちろん、敗軍の将を叩くのが大好きなリベラルメディアは彼に対し様々な罵詈雑言を浴びせるだろう。

健康や税金の脱税問題やその他様々な噂が彼を追い詰めたとするだろうが、しかしどんな問題が起ころうと彼の支持基盤に ヒビが入っていなければ政治家が辞める事はないのじゃなかろうか?

彼が 『同盟国日本への慰安婦非難決議』『拉致問題の棚上げで日朝協議』という 日本に対するアメリカの2つの裏切りを強く抗議することもなく受け入れた事で 完全に目は詰まれていた。

なぜなら、彼は党内基盤で党員を押さえて来たのではなく世論の中に存在する 保守の強力な地盤の支持で政権をとったからだ。

今まではどんな政策を打っても、頑なに彼を守り続けてきたコアな保守層の論調が変わり始め 見捨てられつつあった中、中国に気兼ねをして靖国の参拝というウルトラCをする勇気もなく。

ついに安倍さんの心が折れちゃいました。たぶん、首相を辞めたので靖国参拝するでしょうが、それじゃコアな保守層は納得しないですよ。

Prime Minister of Japan Will Step Down

TOKYO, Sept. 12 — Prime Minister Shinzo Abe, the nationalist leader whose vision of an unapologetic and strong Japan foundered on scandals, incompetence and gaffes, announced abruptly this afternoon that he would step down.

In a hastily called news conference, Mr. Abe acknowledged that he had lost the public’s trust and said he hoped that a new leader would be better able to carry out his policies, including continuing the Japanese military’s participation in the war in Afghanistan.

The deeply unpopular Mr. Abe had already been written off by Japan’s political establishment and media, his political future measured in months. But the resignation’s timing — three days after the start of a Parliamentary session — stunned Japan. It drew accusations of irresponsibility from inside and outside his party, and threw the country’s already tense political scene into further disarray.

NYT : NORIMITSU ONISHI : September 12, 2007≫


いつものようにオオニシのおっさんは親の敵を討ったようにキャンキャンと吼えております。 慰安婦に謝らないって・・。本当にこのオッサンはわかりやすくてオモロイ奴だ。

私は、いまさらながらに気づいた事がある。

今回、外国人が書いたこの事を話題にしたBLOGやディスカッションサイトをザッと目を通した。 日本を専門に分析しているらしき人達の保守層に関するレポートを読んでも日本の保守層の本音部分を見抜けていない。 おそらく、日本人は外国人相手に本音を喋らないから 深い位置で腹を割って討論する事もないだろうし保守の論壇誌なども毎月隅まで読まないだろうから仕方が無いのだろうが。

なので、そういう外国人ほどネットに転がっている『日本人はこう思っている』と書き立てる マスメディア情報を日本人以上に信じてしまっている。 そしてこれは、まさに逆の立場になれば私にも当てはまるなぁ。と 今さらながらに外国人の書いた文章を読みながら気づいた。

憲法改正を否定する声に負けた?そんな人は始めから自民党の支持層じゃないし。

地方で生活の向上を訴えた民主党が支持された?小沢さんが自民の支持層だった農民票を切り崩すために補填バラ巻きを公約して回ったからでしょ。

社会保険庁などの不祥事が?官僚の支配体制を打倒しようとしていた安倍さんに官僚や自治労側が自らの不祥事を内部リークし自分の肉を切らして公務員改革を止めたんでしょ。 Mr.年金って政治家の三文芝居に見事に国民も引っかかり今じゃ公務員改革は実質ストップし、不祥事の親玉の自治労の幹部が民主党のトップ当選!ってコレどんなジョーク。


アメリカが日本に放った『慰安婦決議テロ』以来、保守の日米同盟に対する不信が渦巻いてる。 そして、コアな保守層は、『積極的日米同盟重視』から『消極的日米同盟重視』へと変化し、 一番問題なのは、日本の大多数を占める『なんとなく保守な層』の彼らが日本のリベラルメディアのアメリカ叩きに乗せられて不信を強めてしまっている事だ。

その結果、『テロ特』がアメリカの戦争に日本がメリットも無く手伝ってやってるのにアメリカは『同盟国日本への慰安婦非難決議』『拉致問題の棚上げで日朝協議』という裏切りを行った。という構図を作り上げてしまい。その風を読みきっている小沢民主党党首が政権奪取の為に乗ったという事だ。そして、給油活動の支持率が3割に満たない今の状況を生んでいる。

まぁ、実際のところ、 安倍首相を政治的に殺したのはアメリカの『同盟国日本への慰安婦非難決議』です。 本当に、この時から彼を支えていた日本の保守層の風が変わった。いくらサヨクの人が『安倍のあほ!』と言っても笑っていられるでしょうが、あの決議以降、彼を支えてきた層が離れていったのは堪えたと思いますよ。

だが、そうだとしても『テロ特』の反対は本当に日本の国益にならないと思う。

いくら日本は強く出るべきだ!国連に従おう!と 気張ったところで現実をみれば 拉致問題にしても日本が本当に北朝鮮に圧力をかけるためにはアメリカの協力が必要だ。『テロ特』を延長してアメリカに 北朝鮮に強く出るべきだ。と言えても離脱してそれをいえると思います?そして、『テロ特』を潰してアメリカが日本の意見に うなづくと思います?

核にしてもその後の賠償問題にしても日本に有利となる方向性に持っていくにはどう考えてもアメリカの力が必要なわけです。ロシア、中国、韓国が日本の意向を汲み取ってくれると思います? 本当に『テロ特』を潰す事が日本の国益につながると思っているのならあなたは『ハッピー回路満載』人間ですなぁ。

そして、日本のリベラルなマスコミはこういう当たり前のことを報道しませんから日本の先行きはあまり良好ではありません。

アメリカが日本のナイーブなPro-Americanたちに与えたこの傷は癒えるのだろうか?小沢民主党代表は、テロ特殊法をどういう決着で終わらせるのか?今後も、ネットの保守言論や保守雑誌を読みながら日本の対米保守世論がどう動くのか観察していこうと思う。