※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-09-16

Back to A HONDAら -- Why Did Us Go Wrong.. ?



2007_09_16_[SUN]

どうやら 福田さんに本決まりは揺るぎないようで海外の英語圏での日本の政治に関する論調も微妙に変わってきた。 今まで散々、安倍さんを馬鹿にし、中国の工作に乗って慰安婦決議で結果的には止めを刺したアメリカ。 日本がこのテロとの戦いに参加しないのはけしからん。とご立腹だ。

本当に、こういう記事を書いている米国人のほっぺたを軽くつねりながら 『そんなことを言うのはこの口か?』グリグリとしたくなります。 すると、その記事を書いた米国人は、私は片方だけなのに私の両方のほっぺたを手加減無しでつねり返しながら『そんなことを言うのがアメリカだ!』グリグリグリグリと倍にやり返されそうな気がするので賢い私は空想だけのグリグリで留めておきます。

とにかくです。 皆さんも冷静に時系列を追って【Back to A HONDAら】をして見ましょう。 どう考えても安倍さんの退陣を早めたのはアメリカの慰安婦決議後です。
日本の国民から責められ『参院で負けた後』にアメリカが中国の工作機関の罠にハマり『慰安婦決議』で安倍さんに追い討ち掛けて、 唯一の安倍さんの強みであった北朝鮮の強硬姿勢を台無しにする『米朝接近』で詰みですよ。

みなさん、時間を戻してください。『Back to A HONDAら』 で時空をさかのぼりましょう。

Japan Warns U.S. House Against Resolution on WWII Sex Slaves

日本は、第二次世界大戦中のセックス奴隷に関する議決に対して米国下院に警告します。

Japan has warned leaders of the House of Representatives that serious, long-term damage to Japanese-U.S. relations is likely if the House passes a resolution demanding an official apology from Japan for its wartime policy of forcing women to become sex slaves for Japanese soldiers.

日本は下院のリーダーに、もし下院が『戦時中日本政府が兵士のために女性たちにセックス奴隷を強制した事について日本からの公式の謝罪を要求する』という決議を通過させるなら、日米関係へ重大で長期的なダメージを与えるであろうことを警告しました。

In an unusually blunt letter sent to five House leaders, including Speaker Nancy Pelosi (D-Calif.), Japanese Ambassador Ryozo Kato said passage of the resolution "will almost certainly have lasting and harmful effects on the deep friendship, close trust and wide-ranging cooperation our two nations now enjoy."

ナンシー・ペロシ下院議長を含めた5人の下院のリーダーに送られた異常に率直なレターの中で加藤駐米大使は、 決議の通過が「ほぼ確実に深い友情、我々2国が現在享受する信頼と広範囲な協力にたいして永続的で有害な影響を与えるでしょう」と 主張しました。

(quotation : Washington Post Foreign Service : by Blaine Harden: Wednesday, July 18, 2007; Page A15)


なんどもなんども、政府の大使まで使って This resolution will put us in an awkward situation. この決議案を通してしまったら日本とアメリカの関係が壊れる!!って 叫びました。

なのに日本からの警告にアメリカのA HONDAら議員は、なんていったと思います?

The resolution's primary sponsor, Rep. Michael M. Honda (D-Calif.), dismissed the ambassador's letter as lobbying bluster. "It's not going to hurt our relationship diplomatically or trade-wise," he said.

ホンダのオッサンは、言いました。 『慰安婦決議を通したところで日本とアメリカになんの影響もないがなぁ、べちょない。べちょない。』 日本政府の単なる脅し、ブラフだと一蹴したわけです。その後の決議案で米国民主党だけでなく共和党員まで加わって可決。



そして、ご存知のとおり!この状況です!!  Congratulations! AMERICA! A HONDAら議員の予想は100パーセント外れました!!ん、実は外れることを願ってて、外れたように装ってる?

はい。ここから安倍首相のレームダックが始まります!!

もし、あの慰安婦決議を通したらこうなる事は政治評論家などが保守雑誌などで何度も何度も述べていましたし、 アメリカの利益も大きく損ねる事は日本語を読めて四則計算ができる能力がある日本の保守層は予測してました。

そこで疑問にのぼるのが、本当にアメリカの情報機関は今の日本の状態を予測できなかったのか? と言うことです。 いくらなんでもCIAの職員は足し算や引き算はできるはず。分数の足し算は迷うとしても簡単な掛け算は、できますよね? では何故? このことからいくつかのサイトから陰謀説も出ていたりします。

でも私は単に、アメリカCIAなどのAsia専門対外情報機関の皆さんが長期バカンス中だったのだと推測しています。 私の高度なプロファイリングでは、きっと嫁と子供と楽しく森でバーベーキュでもしてたんでしょう。 『慰安婦決議』に関し日本の情報を得るために上司が部下のCIA職員に電話しても、 お肉ジュージューで聞こえなかった。と言うことです。つまり、 その当時の彼らCIA職員にとっては、日米同盟より森でのバーベーキュで肉を焦がさない事の方が優先事項だった。 そう考えると全ての辻褄が合います。

この決議をリベラルな勢力が安倍首相の圧力に使い。アメリカの最大の理解者であった安倍首相は去りました。そして、アメリカの良き理解者であった日本の保守層は慰安婦決議以降、保守言論雑誌を中心に離米をヒトツの手段として真剣に検討し始めています。そして今まで安倍さんを応援していた、つまり間接的にアメリカを応戦してきた日本の保守層を敵に回した。アメリカの日本、ひいてはアジアにおける軍事プレゼンスというアメリカの国益を『このの慰安婦決議』以降ガタガタ壊し始めています。こんなのは、簡単なモノポリーです。

安倍さんに一太刀を与えてみたら日本の民主党は反米で【テロ特反対】、次の自民党首相もアジア重視と言うことです。 【テロ特】は変則の新法で通ると言うのを政治評論家の多くが予測していますが、同時に 次は、アメリカが要求していた移転問題などで ギクシャクするだろうとも予測します。

日本人としてこういう結果は、それでも日米同盟を堅持すべきである日本の悲しさを嘆くべきですか? それともバーベキュー大好きアメリカの馬鹿さ加減を笑うべきですか? 今後の為にも『慰安婦決議』を影で操った中国共産党の日米離反工作の巧みさを勉強すべきですか? どうなんでしょうね。



アメリカが日本のナイーブなPro-Americanたちに与えたこの傷は癒えるのだろうか?小沢民主党代表は、テロ特殊法をどういう決着で終わらせるのか?今後も、ネットの保守言論や保守雑誌を読みながら日本の対米保守世論がどう動くのか観察していこうと思う。