※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-08-04

The 2005 Edition: [19] The Huffington Post :The Twenty Most Annoying Liberals In The United States by RWN.



2007_08_04_[SAT]

The Twenty Most Annoying Liberals In The United States: The 2005 Edition by John Hawkins /Right Wing News/

2005年度版・アメリカ右派が選ぶ最も苛立たせたリベラル左翼20人

19) The Huffington Post

What do you get when you take a bunch of C-List celebrities, irritating politicians, and liberal hacks, almost none of whom are talented writers, and put them all together in one place? Why, you get the Huffington Post where "enormous talents" like Deepak Chopra, Cindy Sheehan, and Larry David write the same drivel that appears on other left-wing blogs, only with 50% less zing, pop, and entertainment value. ...

簡単な解説:2005年の19位は、Arianna Huffington と Kenneth LererによるThe Huffington Post(often shortened to HuffPost or HuffPo)です。

受賞理由は左翼の専売特許、右派の言う意図的な扇動戦略が嵌っていることをアメリカ右派も認めざる得なかったことが大きかったようです。The Huffington Postさん。おめでとうございます。

多くの才能あるリベラリストエディタで構成されるサイトなのは分かりますが 共和党の味方は敵という思考で日本の戦時慰安婦問題を 感情論で叩くのはどうなのでしょうね。

反日組織の中国共産党系機関から支援を受ける彼らのヒーロー、Mr.マイクホンダさん。彼らアメリカリベラリストは気づいていませんが他国の言葉や習慣、歴史等を知らなくとも自分の素晴らしい性能を持つ脳みそから導かれた意見こそが唯一絶対であるという殆どヒステリックなカルト患者のようです。

多くの歴史が証明しているようにアメリカ左派は見かけ自由主義を掲げ笑顔で近づき他国との連携を作り出そうと装いますがその連携は政治的に国内の労働者団体を意識せねばならず常に内向きの他国から見れば自分中心主義でそれに従うことを拒むものを許しません。ただその事に一生気づかない暴れん坊なので周りが合わすしかありません。そして、今までもそうであったように今後も日本はアメリカ左派による恐怖にひざまずくでしょう。心は不服従でも恐怖から尻尾を振るのです。≪悲しいけど仕方がないよね。≫

もちろん日本が最終的にはアメリカ左派に膝を屈する態度を見せるのは彼らに対する尊敬や友情からではなく原爆を2発も落としたアメリカ左派が持つ独特の妥協しないヒステリック感が怖いからです。アメリカ人の左派は自分の意見こそが正しいという彼らの嫌いな誰かさんと殆ど変わらない思考回路であることに気づきません。アメリカ左派は自分たちも大いなる恐怖で支配している事に決して気づくことはなく傅く同盟国の姿を見て彼らの説得が実ったと信じるでしょう。

分かりやすく単純化すると。アメリカ左派は自分の飼い犬でも失敗したら鞭で叩きのめし言う事を聞かせそれで自分は愛犬家であると信じています。もちろん何かで失敗したらご飯は抜きです。それが躾です。その躾は犬の為であると固く信じています。≪16世紀のイギリス人と思考が同じです。≫犬は犬、人間ではないと考えるアメリカ左派。まだブッシュさんは犬に必要以上の仕事を任せようと扱いが荒いですが飼い犬を可愛がり餌を与えるだけの優しさがあります。

極端なことを書きましたが、 もちろんその言論などを見るとアメリカ左派が全員、右手にイバラの鞭を持って笑顔で飼い犬を叩いて困った顔を見る事に喜びを感じるSM嗜好の人達だけではなくて極左からゆるやかな良識と大局観や抑制心をもった左まで多くの方が存在し、そして色々な幅を持つ左派がHuffington Postには集まっているようです。