※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-07-25

Why does the nation's level of spoken English remain so poor?



2007_07_25

Business pundit: 'Blame it on the boss of NOVA'

経営評論家:「それはNOVAの社長に責任があります」

The NOVA chain of conversation schools -- whose slogan is "ekimae ryugaku" (study abroad in front of the train station) -- operates roughly half the English conversation schools in Japan. Earlier this year, in response to a stream of bitter customer complaints, the Ministry of Trade, Economy and Industry and the Tokyo Metropolitan Government investigated the company and confirmed that some of NOVA's 800 schools had indeed engaged in a number of dubious practices, such as refusing to refund tuition fees to students canceling lessons.

会話学校のNOVAチェーンは日本で英会話学校のおよそ2分の1を占めます。 スローガンは「ekimae ryugaku」(駅前留学)です。今年早く、顧客からの厳しい苦情に応えて、経済産業省と東京都庁は会社を調査し、NOVAの800の学校のうち幾つかが本当にレッスンをキャンセルしている学生に対して授業料を払戻すことを拒否するような多くの疑わしい業務の実態を確認しました。

As a result, on June 13 the chain was ordered to partially suspend business for six months -- a draconian penalty by Japanese standards, and one that threatens the company's very existence.

結果として、6月13日にチェーンは一部のビジネスを6カ月の間活動停止させられるという会社の存在そのもの脅やかす過酷な罰則を命じられました。

Writing in Sapio (7/25), a biweekly self-described "international intelligence magazine," business pundit Ken'ichi Ohmae asks why these problems occurred. And more to the point, he ponders, with so many Japanese enrolled in conversation schools, why does the nation's level of spoken English remain so poor?

7/25付けSapio、隔週誌の自称「国際諜報雑誌」にて経営評論家の大前健一にこれらの問題がなぜ存在したか尋ねます。そしてこれほどの多くの日本人が英会話スクールに登録しながら英語の国家レベルが酷いままなのか?などのポイントを彼が考察します。

MSN-Mainichi Daily News : July 21, 2007)


まず、自分は根本的なことを聞きたい。 本当に英語って必要なんですか?

日本のような 1億ちょいという人口の経済圏はある程度それだけで整ってしまう規模だとか前に読んだ経済誌に載っていたけど結局は日本でいるには日本語で事足りるから。本当に英語がどうしても必要だ!という切迫感がないからじゃない? ちょうど人口規模が2倍のアメリカ人がどれくらい自国言語以外に必要性を感じている? アメリカ人は日本人の酷い英語力以上にフランス語とか第二言語を操り喋られる? 

そりゃ関連用語含めて20000単語ぐらいは理解してないと自由に喋られないらしいから2000語もきつい英語は日本語のようには無理だけど日本人の半分以上は中高大学と少なくとも8年から10年ほど英語をやるからTOEIC の点数が悪いといっても専門用語がでてこないインターネットのBLOGぐらいなら読み書きはできるだろうし。

というか、日本での普通の暮らしで英語なんて本当に必要ない。特に現在の日常でのその必要無さはアフリカの奥地の少数原住民の言葉と同じくらい。

もちろん、必要性を感じるだろう職業や立場は想像できるよ。外資系や学者などのホワイト系ならいるだろうね。 ただ、それは日本国民のうちどのくらいなんだ?少なくともNOVAとかに通うおばちゃんとか日本語しか使わない取引もない事務系のおねぇちゃんが英語の必要性を本当に感じてる?年に一度いくか行かないかのハワイで使うだけとしたらコストパフォマーンス悪過ぎない?

英語なんてブルーワーカな自分には完全にコーヒーなんかの趣向品と同じ。本当に自分が住んでる以外の日本の地域ではそんなに英語がひつようなんですか?昔からなんで世間では英語、英語、英語と騒いでいるのか、未だにわからん。それがわかったところで自分の生活には英語なんて本当に必要ない。

でさ、日本人の皆が英語ができるようになったとしてどうするの?そんなにみんながみんなハワイやグァムに行くわけじゃないよね。みんな日本で日本人皆で2000語ぐらいの単語を駆使して英語で喋りあうの?アメリカンジョークの言い合いするん?