※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-07-20

Pro-American factions fell off a ladder! Part-01

2007_07_20
Japan Warns U.S. House Against Resolution on WWII Sex Slaves

日本は、第二次世界大戦中のセックス奴隷に関する議決に対して米国下院に警告します。

Japan has warned leaders of the House of Representatives that serious, long-term damage to Japanese-U.S. relations is likely if the House passes a resolution demanding an official apology from Japan for its wartime policy of forcing women to become sex slaves for Japanese soldiers.

日本は下院のリーダーに、もし下院が『戦時中日本政府が兵士のために女性たちにセックス奴隷を強制した事について日本からの公式の謝罪を要求する』という決議を通過させるなら、日米関係へ重大で長期的なダメージを与えるであろうことを警告しました。

In an unusually blunt letter sent to five House leaders, including Speaker Nancy Pelosi (D-Calif.), Japanese Ambassador Ryozo Kato said passage of the resolution "will almost certainly have lasting and harmful effects on the deep friendship, close trust and wide-ranging cooperation our two nations now enjoy."

ナンシー・ペロシ下院議長を含めた5人の下院のリーダーに送られた異常に率直なレターの中で加藤駐米大使は、 決議の通過が「ほぼ確実に深い友情、我々2国が現在享受する信頼と広範囲な協力にたいして永続的で有害な影響を与えるでしょう」と 主張しました。

(quotation : Washington Post : by Blaine Harden: Wednesday, July 18, 2007; Page A15)
加藤駐米大使をはじめとする 日本での親米よりの知米派は、本当に困っているようです。 an unusually blunt letterで、blunt americans に訴えます。

私たちが今、目の前にしているのはハルノート前の外務省の交渉団ではなく、平成の現在です。

アメリカは、日本でアメリカのためにいつも盾となりアメリカの国策に沿ったアドバイスを 送ってきた友人を切りつけます≪という風にマスメディアは報道します≫。 日本が思うほど一方の友人は日本に関して至って無関心ですが、一方的な恋心は 恋愛がこじれた時に厄介です。

そして、これは日本の世論では親米派の失点とされるでしょう。

見てみろ親米派!お前たちのいう事を聞いてアメリカよりの政策を取って来た 結果がこれか? とJapanese pro-American groupsは、言論界で叩かれる兆しが出てきています。 いままではアンチアメリカ本はあまり反応が良くなかったのですが、少し変化してきているようです。 加藤氏はプロの外交官であり日本人ですから、敏感に日本の世論の風を読みます。

The ambassador said that since 1993 Japan has repeatedly and officially apologized for its harsh treatment of "comfort women," the term used for the estimated 50,000 to 200,000 Asian women forced by the Japanese government into brothels before and during World War II.

意訳:加藤駐米大使は、第二次大戦前後に日本政府により慰安婦とされた50000から200000人に上るアジア女性に対し1993年から日本は繰り返し謝罪していると主張します。

His June 22 letter, obtained by The Washington Post, also suggests that Japan may reconsider its role as one of the few loyal supporters of U.S. policy in Iraq, where it is the second-largest donor for rebuilding, after the United States.

ワシントンポストがつかんだ加藤駐米大使による6/22付けレターには、また日本は数少ないアメリカのイラク政策の賛同者であり、イラク再建に関してアメリカに次ぐ支援者であるがこの決議採決後は再考もありえることを示唆します。

In the letter, immediately after warning of "lasting and harmful effects," Kato gives an example of what could be at risk for the United States, noting that Japan has recently extended for another two years its spending on reconstruction in Iraq.

加藤レターには「永続的で有害な影響」の警告のすぐ後に、日本が最近イラク復興支援特別措置法を2年間延長する改正法が成立したことを指摘して、アメリカが得たものの例を示します。
言論雑誌を見ていると日本のPro-American groupsは、サヨクが言うような売国ポチではなく 極度の日米同盟教の信者であり、それこそが本当の日本の国益になると疑わない熱心な信者です。 それが日本の国益になっているのかなっていないのかは自分にはよくわかりませんが、 とにかく彼らはアメリカの最大の後方支援者です。そして、アメリカは自らの手で彼らを窮地に追い詰めます。

皮肉な結果として、米国の政策に大いなる賛同を行ってきた自民党が選挙で敗れ、アメリカ主導のイラク占領政策に批判的な 日本の野党である民主党がこのアメリカでの決議も多少の追い風とし今回の選挙で勝利しそうです。

専門家のレポートを読んでいるとこのアメリカの起こした『議決テロ』≪日本の政府にとっては≫によって スペインのように急激な日米変化は起こらないが小さなところで確実にそれは起こるであろうと言います。

ただ私たちは忘れていました。アメリカという国が信者を狼の前に差し出す行為というの はアメリカの歴史では決して珍しくはありません。ただ今はかれら信者がビンラディンのように極端な宗門変えを 行わないように祈るしかありません。

The non-binding resolution is scheduled to go to a vote before the House recess in August.

拘束力がない決議は下院が8月に休会する前に予定されています。
8月のピカドンを目前に、日本ではポツダム宣言を受け入れる終戦前のような雰囲気なのです。 なぜ、加藤駐米大使のような地位の人間が『an unusually blunt letter』を送るのか? アメリカ人には理解ができないようです。

アメリカ人が理解できないように日本人もアメリカの議会の現状を理解しませんから このような決議が毎回大量になされていて≪今回の中国の人権改善に対する決議も含む≫、 それは殆ど選挙民に対する議員の『ボクハ、コンナのもとおしたんだ!』という大学生の 夏休み前のレポート提出程度の意味しか持っていない!

と保守雑誌で言論家が言っても私の母親を含め一般の日本国民は 有料活字メディアじゃなくお笑い番組とドラマの合間に流れる無料TVメディアの5分間のNEWSで、 結論だけを知ります。そして、それが全てです。

今から、決議時の映像のカット割が目に浮かびます。

(1) 喜ぶ韓国系のアメリカ団体、
(2) 誇らしげなマイケルホンダ、
(3) 苦々しく『河野談話を引き継ぐ』という官邸、
(4) 政府の責任を追及する野党、
(5) インタビューで日本が悪いという国民の声≪そういう人ももちろんいる≫、
(6) インタビューでアメリカも人に言えるのか?という納得しない国民の声
(7) 最後にアンカーが政府に説教


その時がきたらこのカット割が正しかったか検証してみたいと思います。