※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-07-21

Metropolis Podcast #695 -- the Comedy show

2007_07_21

小林克也、カマサミ・コング、クリス・ペプラーという日本における『英語でエエ声~御三家』でお馴染みのカマサミさん。お囃子で始まるメッドポッド#695。を移動しながら。それはまさしく家で聞く高速道路の渋滞情報のごとく関西の田舎でトウキョウの週末情報をリスニングしてた。

その最後の方で英語でのスタンダップやパフォーマンスショーを見せるTokyo Comedy StoreDillon Fontさんが異国日本でガイジンとしてのコインシャワーで暮らすチーパー下層階級ライフを早口で楽しそうに喋っておられた。

それを本国に住みながら同じく人並みに奢れない私のルート3を右から左に受け流し、 自分はTokyo Comedy Storeには一度も行ったことが無いけど 英語圏の人が英語スタンダップを見るというのは、日本人が海外で日本語の落語や漫才を見るようなものだろう。

せっかく日本にいるだから能、歌舞伎とは言わないけど日本語をある程度覚えて、 落語、講談、浪曲などやっているトラディショナルな演芸場を体験すれば良いのに。 と以前しりあいの外国人に言ったら見方もわからないし、もちろんチケットの取得方法も知らない。 と言うから、『なぜそれくらい調べないの?』と聞くと彼は『何故しらべなきゃならないの?

ガイジン全員がNINJAやANIMEやDENTOUに興味があるわけじゃないことを知る。 というかそっちの方が絶対数でいうとイレギュラーなのか。

なるほど、その発想は無かった。確かに日本ではガイジンである彼の言うとおりだ。 本当に彼が見たかったら既になんとか調べているし、演芸場が彼のようなガイジンに気軽に見て欲しいと思うのであれば チケットの取り方から観劇方法まで英語で記したサイトを作るべきだがパッと今検索しても あれからだいぶ時間が経つのにみつからない。商売としてうまみがないとしているのか。

もちろん、あの頃の彼に『君がそいう英語のサイト作れば?』ってメールしたら 『君が英語で作るか、そういうサイトが見つかったら連絡してくれ』 て返信してきそうだ。もちろん、自分も誰かが作ったそういう英語のサイトが見つかったらココに書こうと思う。 と再び送り返すが。