※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2007-07-31

Abe vowed to stay on as Prime Minister



2007_07_31

私は、つい数日前にあった保守壊滅という過去の選挙により、自称健全な精神を持つ リベラリスト達が朝から小躍りしてるのをTVで見ていました。

私のブルーワークな職場では政治の関心は私を除くと0%です。 彼らは意識していませんが基本的にLDPの『美しい国創り』に共感する保守主義者です。 しかし、私は彼らに聞いたことはないので分かりませんが、日本に二院制があることも知らないかもしれませんしDPJの議員に 北朝鮮からの献金が渡ってた事 へも関心が無いのは確かです。

自民党は、私の職場の人たちに投票所に向かわせる事よりも 参議院と優越のある下院である衆議院があることを知っている移り気な国民がどう投票するかを 考えるべきでした。そう、あの小泉さんのように。



勝利した民主党の比例上位は年金問題で問題の中核となった社保庁職員のパンチャー労働を 拒否させた支持団体の利益代表者が名を連ねます。おおっ、我ら労働者の味方? が比例代表選のワン・ツウ・フィニシュです。 かれらは批判から隠れて民主党の中心部に達しました。 これで公務員改革はダメになるでしょう。

慈悲深き日本国民は、今回の問題の焦点であった年金問題の親玉を当選させてあげました。

いいでしょう。その日は過ぎました。そしてその『Liberalist DAY』は、私達日本の小さな保守主義者たちが アニメ、ラキ☆スタやポルノ動画を鑑賞している間に過ぎ去り、ついに一日以上の過去になりました。 残念ながら祝日にイブや前後賞は存在しません。

敗因はとても沢山あるように見えました。だけど、それも過去になりました。 選挙は刀を言論に変えた『IKUSA』です。

引くときには、引き体制を立て直す事も大切だと、多くの戦国史が 我々に書物で教えてくれます。潔い撤退こそがリベンジを生むことを我々は近年にもマッカーサーに思い知らされました。撤退は絶対な敗北ではなく、一時的なポジションチェンジです。 安部首相は、小泉さんのような狡賢さを知りませんからまた再び傷ついたまま自ら敵に向かおうとしています。

クラウゼヴィッツを引くまでも無く『勝つことよりも戦うことが目的とした軍隊』は必ず滅びます。 皆が大好きな三国志では関羽が呉に殺され、劉備は復讐に目が眩み呉に攻め込みますがその後を決定付ける 大敗を喫したばかりでなく張飛も失います。 『あぁ、法正が生きていればこんなことにはならなかっただろう。』と諸葛亮は嘆きますが彼らは郵政選挙で刺客なる雑兵に殺され今はいません。

本当に自民党が前に一歩踏み出す為に政党はどうすべきなのでしょうか?

この部分に関しての結論だけは、なぜか日本を侵略や破壊したいガイジンや 日本に関心を持つガイジンリベラリストのブロガー達と意見が一致します。

ただ、もう安部さんは続投する。って言っているだから我々小さな保守主義者が唯一できることは首相が気負い過ぎないようにただひたすら祈る事です。